5分でわかる!屈性

15
オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

この動画の要点まとめ

ポイント

屈性

高校 生物 植物生理2 ポイント1 すべてうめる

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回は、植物の屈性という現象について見ていきます。

屈性⇒刺激に対応して植物が屈曲して成長

lecturer_avatar

屈性とは、光や接触などの刺激に対応して、植物が曲がるように成長することです。
次の図を見てください。

高校 生物 植物生理2 ポイント1 右の図2つ
lecturer_avatar

上の図は、ヒマワリの写真です。
ヒマワリには、光の方に向かって曲がり、太陽の光を受けやすくする性質があります。

lecturer_avatar

右下は、植物のツルの写真です。
ツルは棒に巻き付くように成長します。
これは、棒に触れている側とそうでない側で成長の速度に差が出るために起こる現象です。

lecturer_avatar

このように、植物の中には、常に何かしらの刺激に対応して屈曲しながら、自分の生育に有利なように成長します

lecturer_avatar

次の図は、屈性の仕組みを表した模式図です。

高校 生物 植物生理2 ポイント1 左の図
lecturer_avatar

刺激源が左、2つの植物が右に描かれています。
左の植物のように、刺激源に向かうように屈曲することを、正の屈性といいます。
それに対して、右の植物のように、刺激源から遠ざかるように屈曲することを、負の屈性といいます。

lecturer_avatar

今回は、光という刺激に対する屈性に関与する植物ホルモンに注目します。

高校 生物 植物生理2 ポイント1 すべてうめる

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

オンライン個別指導塾
屈性
15
友達にシェアしよう!
オンライン個別指導塾