高校生物

高校生物
5分でわかる!休眠に関する植物ホルモン

4

5分でわかる!休眠に関する植物ホルモン

4
オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

この動画の要点まとめ

ポイント

休眠に関する植物ホルモン

高校 生物 植物生理1 ポイント2 すべてうめる

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

種子に関する植物ホルモンを見ていきましょう。
今回は、休眠に関する植物ホルモンに注目します。

植物が休眠するのは、生育のための条件が整わないとき

lecturer_avatar

休眠とは、発芽せずに種子の状態でいることです。
なぜ、そのようなことが必要なのでしょうか?

lecturer_avatar

たとえば、周囲がとても寒かったり、水が全くなかったりする状況をイメージしてください。
このような状況では、発芽してもきちんと生育することができません。
その場合、種子の状態を維持することで、生育可能な環境に変化するのを待つことになります。
つまり、生育のための条件が整わない場合は、自動的に休眠の状態を保つのです。

アブシシン酸がLEA遺伝子の発現を促す

lecturer_avatar

それでは、種子の休眠はどのような仕組みで起こるのでしょうか?

高校 生物 植物生理1 ポイント2 図・すべてうめる
lecturer_avatar

これは種子の断面図です。
種子が発芽できない環境では、種子のの中にアブシシン酸という植物ホルモンが発生します。

lecturer_avatar

さらにアブシシン酸は、胚の中でLEA遺伝子の発現を促します。
こうして合成されるLEAタンパク質が、休眠を維持する働きをするのです。

高校 生物 植物生理1 ポイント2 すべてうめる

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

オンライン個別指導塾
休眠に関する植物ホルモン
4
友達にシェアしよう!
オンライン個別指導塾