高校生物

高校生物
5分で解ける!光合成細菌とシアノバクテリアに関する問題

0
Movie size

5分で解ける!光合成細菌とシアノバクテリアに関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 生物 代謝7 練習 すべて空ける

解説

これでわかる!
練習の解説授業

葉緑体のない生物の光合成についておさえよう

高校 生物 代謝7 練習 練習(1)
lecturer_avatar

光合成細菌は、葉緑体をもたずに光合成ができる生物です。
光合成細菌の例としては、緑色硫黄細菌紅色硫黄細菌があげられます。

lecturer_avatar

光合成細菌が光合成ができる理由は、光を吸収し、利用することができるからです。
光を吸収することができる色素を、光合成色素といいます。
光合成細菌のもつ光合成色素は、緑色や赤色をしています。
このような色がついているので、緑色硫黄細菌紅色硫黄細菌という名前が付いているのですね。

高校 生物 代謝7 練習 練習(2)
lecturer_avatar

光合成細菌が行う光合成はどのような反応だったでしょうか?
光合成細菌は、硫化水素と二酸化炭素を材料として、水とグルコースの他に硫黄を生成します。
光合成細菌に分類される、「緑色硫黄細菌」や「紅色硫黄細菌」といった名前も、ヒントになりますね。

lecturer_avatar

一方、シアノバクテリアが行う光合成はどのような反応だったでしょうか?
シアノバクテリアは、水と二酸化炭素を材料として、水とグルコースの他に酸素を生成します。
葉緑体の光合成と同じメカニズムをしていますね。

高校 生物 代謝7 練習 練習(3)
lecturer_avatar

そもそも葉緑体は、細胞内において元々は別の生物だったと考えられています。
これを共生説または細胞内共生説といいます。

lecturer_avatar

葉緑体の光合成では、水と二酸化炭素を材料として、水とグルコースと酸素を生成しました。
この光合成のメカニズムは、シアノバクテリアと一致しています。
そのため、シアノバクテリアが細胞内共生をすることで葉緑体になったと考えられています。

高校 生物 代謝7 練習 すべてうめる
光合成細菌とシアノバクテリア
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      代謝

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          光合成のしくみ

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校生物