高校生物

高校生物
5分で解ける!光合成の反応:チラコイドに関する問題

2
Movie size

5分で解ける!光合成の反応:チラコイドに関する問題

2
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 生物 代謝3 練習 すべて空ける

解説

これでわかる!
練習の解説授業

チラコイドでの3つの反応をおさえよう

高校 生物 代謝3 練習 (1)問題文
lecturer_avatar

クロロフィルaは、光合成色素の一種です。
陸上の植物に共通して見られる光合成色素でもあります。
クロロフィルaのような光合成色素が光を受けると活性化し、エネルギーが溜まった状態になります。
この反応を、光化学反応といいます。

高校 生物 代謝3 練習 (2)問題文
lecturer_avatar

活性化クロロフィルaには、エネルギーが蓄積しています。
活性化クロロフィルaは、自身に蓄積されたエネルギーによって、水を水素と酸素に分解します。
この反応を、光化学系Ⅱといいます。

lecturer_avatar

光化学系にはⅠとⅡがあるので注意しましょう。
この数字は、反応が発見された順番です。
反応が起こる順番としては、光化学系Ⅱの次に光化学系Ⅰです。
注意しましょう。

高校 生物 代謝3 練習 (3)問題文
lecturer_avatar

チラコイド膜には、水素イオンチャネルがあります。
チャネルとは、物質を濃いほうから薄いほうへと受動輸送する膜タンパクです。

lecturer_avatar

光化学系Ⅱによって水が分解されると、水素イオンがチラコイド内に蓄積していきます。
そして、ストロマに対してチラコイド内のほうが水素イオン濃度が高い状態になります。
すると、水素イオンチャネルを介して、水素イオンがチラコイドからストロマへ輸送されます。

lecturer_avatar

水素イオンが水素イオンチャネルを通過するときにはエネルギーが生じます。
また、この水素イオンチャネルはATP合成酵素という酵素で構成されています。

lecturer_avatar

そのため、水素イオンがチャネルを通過するときに生じたエネルギーを利用して、ATPが合成されます。
この反応を、光リン酸化といいます。

高校 生物 代謝3 練習 (4問題文)
lecturer_avatar

水素イオンは、水素イオンチャネルを介してチラコイドからストロマへ輸送されました。
ストロマへ輸送された水素イオンは、 NADP+ と結合します。
この反応を、光化学系Ⅰといいます。
水素イオンが 12NADP+ と結合すると、12(NADPH+H+)という物質になります。

高校 生物 代謝3 練習 全部 空欄埋める
春キャンペーン2019
光合成の反応:チラコイド
2
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019

この授業のポイント・問題を確認しよう

代謝

Logo black
Register description

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      光合成のしくみ

      春キャンペーン2019春キャンペーン2019

      高校生物