高校世界史B

高校世界史B
5分で解ける!国際連合の設立と戦後経済の再建に関する問題

9

5分で解ける!国際連合の設立と戦後経済の再建に関する問題

9
トライオンライントライオンライン

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

第二次世界大戦と戦後秩序の形成6 練習 括弧空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

今回は国際連合の設立と戦後経済の再建について学習しました。
内容を確認していきましょう。

世界大戦を防ぐための、新たな組織

lecturer_avatar

第二次世界大戦中、アメリカで ダンバートン=オークス 会議が開催され、 国際連合憲章 の原案が作成されました。

lecturer_avatar

その後の サンフランシスコ会議 で国際連合憲章が発表され、国際連合が創設されました。

lecturer_avatar

国際連合の本部は ニューヨーク におかれ、加盟各国が1票をもつ 総会 で意思決定が行われます。

lecturer_avatar

国際連合の中でも 安全保障理事会 は最も強力な権限を持っています。米・英・仏・ソ・中の5カ国は 常任理事国 に任命され、議決にあたっては 拒否権 を発動することが認められました。

戦後の経済秩序の再建!

lecturer_avatar

第二次世界大戦後には ブレトン=ウッズ 国際経済体制と呼ばれる新たな経済秩序が形成されました。 固定為替相場 の採用、 IMFIBRD の設立、そして GATT と呼ばれる国際協定が、戦後の経済体制の柱となったのです。

答え
第二次世界大戦と戦後秩序の形成6 練習 答え入り
トライオンライン
国際連合の設立と戦後経済の再建
9
友達にシェアしよう!
トライオンライン

この授業のポイント・問題を確認しよう

第二次世界大戦と戦後秩序の形成

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      トライオンライントライオンライン

      高校世界史B