高校世界史B

高校世界史B
5分で解ける!第二次世界大戦へ!に関する問題

15

5分で解ける!第二次世界大戦へ!に関する問題

15
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

世界恐慌とファシズム諸国の侵略7 練習 括弧空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

今回は、第二次世界大戦のはじまりについて学習しました。
内容を確認していきましょう。

暴走するヒトラーを放置する英・仏

lecturer_avatar

スペイン内戦で英仏が不干渉政策をとったことで、ヒトラーは両国が「防共」に期待を寄せていることを確信し、ますます強気な政策をとるようになりました。

lecturer_avatar

ヒトラーはドイツ人地域への進出を開始し、手始めに オーストリア を併合。その後、チェコスロヴァキアの領土であった ズデーテン 地方の割譲を要求しました。

lecturer_avatar

ズデーテン地方をめぐる問題に対処するため、イギリス・フランス・ドイツ・イタリアの首脳が集まり ミュンヘン会談 が開催されました。ちなみにこの会議には、チェコスロヴァキアとソ連の首脳は招かれませんでした。

lecturer_avatar

イギリス・フランスは、ドイツとの戦争を避けるため、またドイツの「防共」の役割を期待して、ヒトラーの要求を認めました。このような外交姿勢を 宥和政策 といいます。

世界に激震!ドイツがある国と同盟を締結!!

lecturer_avatar

ズデーテン地方を併合したドイツは、その後チェコスロヴァキアを解体。さらに領土を拡げるべく、ポーランドに ダンツィヒ とポーランド回廊の割譲を要求しました。

lecturer_avatar

ポーランドがこれを拒否すると、ドイツはソ連に接近して 独ソ不可侵条約 を締結。そしてドイツが ポーランド へ侵攻し、第二次世界大戦が始まりました。

答え
世界恐慌とファシズム諸国の侵略7 練習 答え
オンラインLIVE夏期講習
第二次世界大戦へ!
15
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習

この授業のポイント・問題を確認しよう

世界恐慌とファシズム諸国の侵略

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

      高校世界史B