高校世界史B

高校世界史B
5分で解ける!イギリス・フランスの対応に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!イギリス・フランスの対応に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

世界恐慌とファシズムの台頭2 練習 括弧空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

今回は、イギリス・フランスの世界恐慌への対応について学習しました。
内容を確認していきましょう。

イギリスは自由貿易路線を止める!?

lecturer_avatar

1929年、イギリスでは第2次マクドナルド内閣が成立しました。マクドナルドは、社会主義政党である労働党に所属していましたが 失業保険の削減 を提案したことで党から除名され、内閣は総辞職に追い込まれました。

lecturer_avatar

その後、マクドナルドは自由党・保守党の連立政権の首相となり(マクドナルド挙国一致内閣)、世界恐慌への対策に取り組むことになります。

lecturer_avatar

彼は金本位制を停止したほか、カナダの オタワ で経済会議を開き(オタワ連邦会議)、ブロック経済による恐慌への対応策を示しました。イギリスのブロック経済政策は スターリング=ブロック といいます。または、通貨であるポンドの名前をとって ポンド=ブロック と呼びます。

フランスの対応はグダグダ!?

lecturer_avatar

フランスは フラン=ブロック を形成したものの、国内情勢は安定しません。小党分立など不安定な政局が続く中、ファシズム勢力が台頭することになりました。

lecturer_avatar

ファシズムの台頭を警戒する社会主義政党や共産主義政党は、1935年に 人民戦線 を結成しました。翌年には ブルム を首班とする ブルム人民戦線内閣 が成立し、世界恐慌への対策に乗り出しました。

答え
世界恐慌とファシズムの台頭2 練習 答え入り
イギリス・フランスの対応
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      世界恐慌とファシズム諸国の侵略

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B