高校世界史B
高校世界史B
5分でわかる!革命を試みた皇帝とその結末

0
Movie size

5分でわかる!革命を試みた皇帝とその結末

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

改革を試みた皇帝とその結末

高校世界史 東欧絶対王政1 ポイント3 答え全部

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

ポイントの3つ目は「オーストリアの近代化政策」です。
ポイント2ではオーストリアの女帝 マリア=テレジア を紹介しました。ポイント3では彼女の後に登場した国王 ヨーゼフ2世 に注目します。

ヨーゼフ2世は「啓蒙専制君主」

lecturer_avatar

1765年、マリア=テレジアの長男 ヨーゼフ2世 が即位しました。彼は 啓蒙専制君主 としてオーストリアの改革を進めました。

lecturer_avatar

理性によって従来の制度や慣習を批判し、合理的な改革を行おうとする考えを 啓蒙主義 といいます。そして啓蒙主義に基づいた専制政治を行う君主のことを 啓蒙専制君主 と呼びます。

lecturer_avatar

オーストリアではヨーゼフ2世が主導して近代化改革を行いました。このように、君主主導で行われる近代化を「 上からの近代化 」と表現します。

ヨーゼフ2世の見出し+テキスト3行/~近代化を目指した/写真不要

農奴解放令と宗教寛容令

lecturer_avatar

1781年、ヨーゼフ2世は2つの法令を出しました。 農奴解放令宗教寛容令 です。

lecturer_avatar

農奴解放令により、農民に職業選択の自由が与えられました。宗教寛容令により、カトリック以外にも信教の自由が認められました。

lecturer_avatar

ヨーゼフ2世が進めた近代化改革、2つの法令をしっかり覚えておきましょう。

image02の続き2行/農奴~(1781)

lecturer_avatar

ただし残念なことに、ヨーゼフ2世の政策は国内の貴族を中心に反発を受け、失敗に終わってしまいました。

lecturer_avatar

失敗に終わったとはいえ、彼が行った改革は 啓蒙専制君主による上からの近代化 として非常に重要です。しっかり覚えておきましょう。

Shinzato
この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

革命を試みた皇帝とその結末
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      東欧絶対王政

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B

              高校世界史B