高校世界史B

高校世界史B
5分でわかる!偉大なる女帝!マリア=テレジア!

2
Movie size

5分でわかる!偉大なる女帝!マリア=テレジア!

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

偉大なる女帝!マリア=テレジア!

高校世界史 東欧絶対王政1 ポイント2 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

ポイントの2つ目は「マリア=テレジアの業績」です。
三十年戦争後のオーストリアでは、 マリア=テレジア という女王が登場します。

lecturer_avatar

彼女は数々のすばらしい業績を残し、現在でもオーストリア国民に愛されています。いったいどんな女王だったのでしょうか?

オーストリア継承戦争

lecturer_avatar

マリア=テレジアは1740年に即位しました。彼女の父カール6世に 男性の王位継承者 がいなかったため、娘であるマリアが即位したのです。カール6世は女性でも帝位を継承できるように法令を制定しました。

「マリア=テレジア」の見出し+テキスト2行/~法令を制定

lecturer_avatar

しかし、女性が皇帝を務めることに対して周囲の国々が反発しました。マリアは即位と同時に戦争をすることになってしまったのです。この戦争を オーストリア継承戦争 といいます。

image02の続き/対立の図+テキスト2行/オーストリア~ドイツ諸侯が反発

lecturer_avatar

マリアの即位に反発したドイツ諸侯は、団結してオーストリアを攻撃しました。また、マリアは ハプスブルク家 の出身だったのですが、ハプスブルク家と犬猿の仲である フランス も参戦し、オーストリアを苦しめました。

lecturer_avatar

オーストリア劣勢の中、1748年に アーヘン条約 が結ばれました。この条約で マリア=テレジアのオーストリア継承権は承認されました。 しかし、オーストリアはプロイセンに対し シュレジエン 地方を割譲することになったのです。

image03の続き3行/右頁上部/アーヘン条約~を割譲

lecturer_avatar

シュレジエン地方は有名な 石炭と鉄の産地 です。人口も多く、この場所を奪われるのは非常に痛手でした。

lecturer_avatar

マリアは考えました。シュレジエン地方は絶対に取り返したいですが、戦争を始めれば確実に フランス が介入してきます。フランスが介入すれば多勢に無勢、オーストリアが不利になるのは明らかです。

lecturer_avatar

オーストリアの国益を重視した彼女は、ある決断をしました。 イタリア戦争以来、長年対立してきたフランスと和解することにしたのです。

外交革命|オーストリアとフランスが手を結んだ!

lecturer_avatar

15世紀末~16世紀にかけて行われたイタリア戦争以来、オーストリアとフランスは約200年間対立を続けていました。しかし、シュレジエン奪回を目指すオーストリアが接近したことで、ついに両国の対立関係が解消されたのです。これを 外交革命 といいます。

image04の続き4行/「外交革命」~対立が終わる!

lecturer_avatar

ちなみに、フランスと同盟関係を結ぶ際、マリアは人質として 自分の娘 をフランスに嫁がせました。その名も マリ=アントワネット といいます。

七年戦争

lecturer_avatar

フランスを味方につけたオーストリアに対し、両国の接近を警戒したプロイセンが宣戦布告しました。1756年、 七年戦争 の始まりです。

image05の続き/対立の図+ラスト1行

lecturer_avatar

シュレジエン地方奪回を目指すオーストリアは、フランスや ロシア 、スウェーデンを味方につけ、有利に戦争を進めました。そしてついにプロイセンを追い詰めたのですが…

ロシアの裏切り!シュレジエン地方は奪回できず…

lecturer_avatar

当時、オーストリアを支援した ロシア では 女性の皇帝 が即位していました。しかし彼女は1761年に急死してしまい、新たにピョートル3世という皇帝が即位しました。

lecturer_avatar

実は、この新しい皇帝は プロイセン王フリードリヒ2世の大ファンだったのです。 ピョートル3世が即位したロシアはオーストリアを裏切り、プロイセンに味方しました。

lecturer_avatar

ロシアの裏切りに加え、 フランスの敗北 もオーストリアには痛手でした。フランスは七年戦争と並行して戦っていた植民地戦争でイギリスに敗れ、多くの植民地を失うことになったのです。

lecturer_avatar

ロシアの裏切りにフランスの敗北。結局オーストリアはプロイセンを倒すことができず、シュレジエン地方奪還に失敗してしまいました。

image05の続き/対立の図+ラスト1行

lecturer_avatar

今回は、オーストリアの女帝 マリア=テレジア に注目しました。彼女が戦った2つの戦争や、フランスとの関係を改善した「外交革命」について、しっかり復習しておきましょう。

Shinzato

この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

偉大なる女帝!マリア=テレジア!
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      東欧絶対王政

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B

              高校世界史B