高校世界史B
高校世界史B
5分でわかる!次々と探検する航海士たち

0
Movie size

5分でわかる!次々と探検する航海士たち

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

次々と探検する航海士たち

高校世界史 ルネサンス5 ポイント2 答え全部

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

ポイントの2つ目は、「探検家たちの活動」です。
ポイント1で紹介したコロンブス以外にも、
大航海時代にはさまざまな人物が活躍しました。
代表的な人物とその業績を紹介します。

探検家たちの功績

lecturer_avatar

まずは3人の人物を紹介します。
1人目はポルトガルの航海士カブラルです。彼はアフリカ経由でインドを目指したものの、途中で嵐に遭って漂流してしまいました。結果、カブラルは偶然にもブラジルへ漂着しました。

lecturer_avatar

2人目はアメリゴ=ヴェスプッチです。彼はコロンブスが発見した大陸(南アメリカ)を探検し、そこはインドではない未知の大陸、いわば「新大陸」であると主張しました。

lecturer_avatar

3人目はバルボアです。彼はパナマ地峡を横断して太平洋に到達しました。

「探検家たちの活動」の項目/見出し+下部テキスト3行

世界周航の達成

lecturer_avatar

16世紀の初めには、ついに世界一周が達成されます。ポルトガルの航海者マゼランは、スペイン王の命を受けて1519年に出発。アメリカ大陸を南下した後マゼラン海峡を通過。その後太平洋を横断し、1521年にアジアのフィリピンにまで至りました。

「世界周航」の見出し+下部テキスト4行/~フィリピンへ到達(1521)まで

lecturer_avatar

ただ、マゼラン自身はフィリピンで殺害されてしまいました。その後は彼の部下たちが航海を続け、1522年に世界一周を成し遂げたのです。

スペインとポルトガルの境界画定!

lecturer_avatar

このように、スペインとポルトガルは世界各地に進出していきました。すると、両者の間で海外領土をめぐる対立が生じたのです。戦争になる前に、お互いの支配領域をはっきりと定めておく必要があります。そこで1494年に定められたのがトルデシリャス条約です。

image03の続き2行/トルデシリャス条約の説明

lecturer_avatar

トルデシリャス条約により、南米大陸のブラジルがポルトガル領となりました。マゼランの艦隊が世界周航を達成した後、スペインとポルトガルの境界線を定めるトルデシリャス条約が結ばれたことを覚えておきましょう。

Shinzato
この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

次々と探検する航海士たち
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      ルネサンスと大航海時代

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B