高校生物

高校生物
5分でわかる!タンパク質の行き先

0
Movie size

5分でわかる!タンパク質の行き先

0
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の要点まとめ

ポイント

タンパク質の行き先

高校 生物 細胞7 ポイント2 全部 空欄埋める

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

細胞内のリボソームで合成されたタンパク質は、細胞内外の様々な場所に輸送されています。
その輸送先は、タンパク質のもつシグナル配列によって決定されているのでしたね。

lecturer_avatar

今回は、シグナル配列が認識されて輸送されるまでの流れを見ていきましょう。

SRPがタンパク質を輸送先まで運ぶ

lecturer_avatar

実は、タンパク質を決められた移動先に運ぶ粒子が存在するのです。
それが、SRP(signal recognition particle)です。
日本語では、シグナル認識粒子といいます。
SRPは、タンパク質のシグナル配列を認識して結合し、タンパク質を決められた移動先へと運びます。

SRPは翻訳を一時的に中断して輸送する

lecturer_avatar

それでは、タンパク質が決められた移動先へ運ばれる流れを見ていきましょう。
例として、リボソームで作られたタンパク質が小胞体へ運ばれる場合を考えます。
次の図を見てください。

高校 生物 細胞7 ポイント2 左の図 赤字あり
lecturer_avatar

図の中には、雪だるまのような形をしたものがありますね。
これがリボソームです。
リボソームから出ている鎖状の構造物がタンパク質です。
さらに、タンパク質の先端にくっついているのがSRPです。

lecturer_avatar

まず、SRPは、翻訳されている途中のタンパク質のシグナル配列と結合します。
すると、リボソームによるタンパク質の合成が一時的に中断されます。
続いて、SRPは、翻訳が一時的に中断されたタンパク質を、輸送先に運んでいくことになります。

高校 生物 細胞7 ポイント2 左の図 赤字あり

SRPが受容体に結合する

lecturer_avatar

タンパク質の輸送先である小胞体やミトコンドリアなどには、SRPが結合できる受容体があります。

高校 生物 細胞7 ポイント2 右の図3つ
lecturer_avatar

図では、SRPが小胞体の受容体に結合していますね。

シグナル配列が取り込まれて、SRPがはずれる

高校 生物 細胞7 ポイント2 左の図 赤字あり
lecturer_avatar

SRPが輸送先の受容体に結合すると、タンパク質はシグナル配列を先頭にして、徐々に膜構造の中に入り込んでいきます。
シグナル配列が膜構造の中に完全に取り込まれると、SRPはシグナル配列から外れます。

④ 翻訳が再開して、タンパク質が完全に取り込まれる

lecturer_avatar

SRPがシグナル配列から外れると、中断されていた翻訳が再開され、合成されたタンパク質が完全に膜構造の中へと取り込まれます。

SRPと結合できる受容体は決まっている

高校 生物 細胞7 ポイント2 左の図 赤字あり
lecturer_avatar

タンパク質が輸送される場合、SRPが小胞体に輸送されるタンパク質のシグナル配列を認識し、小胞体の受容体に結合しました。
このときのリボソームと受容体の関係には注意が必要です。
ただし、SRPはどんな受容体とも結合できるわけではありません。
このSRPには種類があり、結合できる受容体は決まっているのです。

高校 生物 細胞7 ポイント2 全部 空欄埋める
Hoshino

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

春キャンペーン2019
タンパク質の行き先
0
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019