高校化学

高校化学
5分でわかる!成分元素の確認(Cl・S)

0
Movie size

5分でわかる!成分元素の確認(Cl・S)

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

成分元素の確認(Cl・S)

高校 化学 5章 1節 7 3 答えあり

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回のテーマは、「成分元素の確認(Cl・S)」です。

lecturer_avatar

前回は、成分元素を確認する方法について学習してきました。
紹介したのは、炭素C・水素H・窒素Nの3種類でした。
続いて、塩素Cl・硫黄Sの検出を行っていきましょう。

塩素Clの確認は、焼いた銅線につけて炎色反応

高校 化学 5章 1節 7 3 答えなあり

lecturer_avatar

まずは、塩素Clです。
用意するのは、焼いた銅線です。
ただし、この銅線をそのまま炎に入れても、ほとんど炎色反応を示しません。

lecturer_avatar

銅線に塩素をつけると、はっきりと炎色反応が起きるのです。
これは、銅が塩化銅に変化して、反応しやすくなるためです。
このときに、青緑色の炎ができれば、試料に塩素が含まれていたことがわかるのです。
銅ではなくて、塩素を確認する方法なので、注意しておきましょう。

硫黄Sの確認は、NaOHを加えて加熱・融解⇒硫酸鉛水溶液

高校 化学 5章 1節 7 3 答えあり

lecturer_avatar

次は、硫黄Sの判別方法です。
硫黄を含む試料にNaOHを加えて加熱すると、Na2Sという化合物が生成します。
次に、できた化合物に、酢酸鉛水溶液を加えます。
すると黒色沈殿が生じることになります。

lecturer_avatar

検出方法をまとめましょう。
試料にNaOHを加えて、加熱・融解します。
この化合物に酢酸鉛水溶液を加えて黒色沈殿が生じると、もとの試料に硫黄が含まれていたことがわかるのです。

高校 化学 5章 1節 7 3 答えあり

lecturer_avatar

以上のように、成分元素を確認する方法を覚えておきましょう。

Igarashi

この授業の先生

五十嵐 健悟 先生

「目に見えない原子や分子をいかにリアルに想像してもらうか」にこだわり、身近な事例の写真や例え話を用いて授業を展開。テストによく出るポイントと覚え方のコツを丁寧におさえていく。

成分元素の確認(Cl・S)
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      有機化合物

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          有機化合物の特徴と構造

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校化学