高校化学

高校化学
5分で解ける!状態変化と熱に関する問題

2
Movie size

5分で解ける!状態変化と熱に関する問題

2
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校化学 物質の状態と平衡 練習 答えなし

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

練習問題を解いていきましょう。

lecturer_avatar

水の状態変化に関するグラフの問題です。
きちんとグラフの意味を理解して、問題を解いていきましょう。

水の状態変化は、固体→固体と液体→液体→液体と気体

lecturer_avatar

(1)は、グラフのある区間における水の状態を問う問題です。
物質の 温度状態変化 の流れに注目して、考えていきましょう。

高校化学 物質の状態と平衡 練習 グラフと(1)

lecturer_avatar

まずは、①の区間です。
こちらでは、 温度が0℃以下 になっていますね。
このことから、 氷の状態 だとわかります。
よって、答えは、 です。

lecturer_avatar

次に、④の区間です。
このとき、温度が 100℃で一定 になっています。
加熱されている水の状態は、 固体→固体と液体→液体→液体と気体 の順に変化していきます。
④に対応するのは、 液体と気体 ですね。
よって、答えは、 です。

高校化学 物質の状態と平衡 練習(1) 答えあり

温度が一定のところでは、状態変化が起こっている

高校化学 物質の状態と平衡 練習 グラフと(2)

lecturer_avatar

(2)は、グラフのある区間において、吸収される熱の種類を問う問題です。
この問題は、 各区間で起きている状態変化 に注目すれば、解くことができます。

lecturer_avatar

②の区間では温度が0℃で一定になっています。
つまり、 ほとんどの熱が融解に使われている ことになります。
よって、 融解熱 があてはまります。

lecturer_avatar

④の区間では温度が100℃で一定になっています。
つまり、 ほとんどの熱が蒸発に使われている のです。
したがって、 蒸発熱 があてはまります。

lecturer_avatar

温度が一定になっているところでは、状態変化が起こっている というポイントがとても大事です。

高校化学 物質の状態と平衡 練習(2) 答えあり
春キャンペーン2019
状態変化と熱
2
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019

この授業のポイント・問題を確認しよう

物質の状態と平衡

Logo black
Register description

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      物質の状態

      春キャンペーン2019春キャンペーン2019

      高校化学