高校化学

高校化学
5分でわかる!水の状態変化

2
Movie size

5分でわかる!水の状態変化

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

水の状態変化

高校化学 物質の状態と平衡 ポイント2

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回のテーマは、「水の状態変化」です。

lecturer_avatar

温度と状態変化の関係を調べていきましょう。

融解が起こっているときは、0℃で一定

lecturer_avatar

下のグラフは、水1molを加熱した様子を表しています。
縦軸は 温度変化 、横軸は 加熱時間 になっていますね。
加熱によってどのような 状態変化 が起こるのか、詳しく見ていきましょう。

高校化学 物質の状態と平衡 ポイント2

lecturer_avatar

0分~2分
まず、スタート地点は、グラフの左端です。
0分のところでは、温度は約-20℃ですね。
温度が0℃より低いということは、 の状態です。

lecturer_avatar

2分~6分
少しずつ温度が上昇し、2分後には 0℃ になります。
このとき、氷が融解し始め、 氷と水 が混ざり合った状態になっています。
ほとんどの熱が状態変化に使われ、温度は上昇しません。
ですから、2分~6分の区間では、 温度が0℃のまま一定 になっているわけです。
このとき、 氷に吸収される熱融解熱 です。

蒸発が起こっているときは、100℃で一定

高校化学 物質の状態と平衡 ポイント2

lecturer_avatar

7分~14分
7分後に、再び温度が上昇し始めます。
みなさんは、この意味がわかりますか?
氷が溶けきると、 水だけ の状態になります。
そうなると、ほとんどの熱が温度上昇に使われるようになり、温度が上がっていきます。

lecturer_avatar

14分~24分
14分後には、 100℃ に達します。
このとき、水が蒸発し始めて、 水と水蒸気 の状態になります。
ほとんどの熱が状態変化に使われるため、14分以降の区間では、 温度は100℃のまま一定 です。
このとき、 水に吸収される熱蒸発熱 です。

高校化学 物質の状態と平衡 ポイント2

氷⇒氷と水⇒水⇒水と水蒸気の順に変化

lecturer_avatar

以上のように、加熱によって、 氷⇒氷と水⇒水⇒水と水蒸気 というように変化していきます。

lecturer_avatar

温度と状態変化の関係を押さえておきましょう。

Igarashi

この授業の先生

五十嵐 健悟 先生

「目に見えない原子や分子をいかにリアルに想像してもらうか」にこだわり、身近な事例の写真や例え話を用いて授業を展開。テストによく出るポイントと覚え方のコツを丁寧におさえていく。

水の状態変化
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      物質の状態と平衡

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          物質の状態

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校化学