高校化学基礎

高校化学基礎
5分で解ける!酸と塩基の強弱に関する問題

52

5分で解ける!酸と塩基の強弱に関する問題

52
トライオンライントライオンライン

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 理科 化学基礎 物質の変化22 練習 答えなし

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

練習問題を解いていきましょう。

電離度α=電離した酸(塩基)の物質量〔mol〕/溶解した酸(塩基)の物質量〔mol〕

高校 理科 化学基礎 物質の変化22 練習(1) 答えなし

lecturer_avatar

(1)は、電離度に関する計算問題ですね。
電離度の求め方は、次の通りでした。
  電離度α=電離した酸(塩基)の物質量〔mol〕/溶解した酸(塩基)の物質量〔mol〕

lecturer_avatar

それでは問題文を読み解いていきましょう。
溶解した酸の物質量は 0.40mol ですね。
そのうち、電離した酸の物質量は 0.080mol です。
 0.080/0.40=0.20
よって、答えは、 0.2 となります。

高校 理科 化学基礎 物質の変化22 練習(1) 答えあり

特に重要なのは、1価の弱酸である酢酸と、1価の弱塩基であるアンモニア

高校 理科 化学基礎 物質の変化22 練習(2) 答えなし

lecturer_avatar

(2)は、①~④の物質の液性を答える問題です。

lecturer_avatar

①硫酸 H2SO4 は、2価の 強酸 でしたね。
よって、答えは、 です。

lecturer_avatar

②アンモニア NH3 は、1価の 弱塩基 でしたね。
よって、答えは、 です。

lecturer_avatar

③水酸化バリウム Ba(OH)2 は、2価の 強塩基 でしたね。
よって、答えは、 です。

lecturer_avatar

④リン酸 H3PO4 は、3価の 弱酸 でしたね。
よって、答えは、 です。

高校 理科 化学基礎 物質の変化22 練習(2) 答えあり
トライオンライン
酸と塩基の強弱
52
友達にシェアしよう!
トライオンライン

高校化学基礎の問題

この授業のポイント・問題を確認しよう

物質の変化

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      酸と塩基

      トライオンライントライオンライン

      高校化学基礎

      高校化学基礎