高校化学基礎

高校化学基礎
5分でわかる!ブレンステッド・ローリーの定義

47
Movie size

5分でわかる!ブレンステッド・ローリーの定義

47

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

ブレンステッド・ローリーの定義

高校 理科 化学基礎 物質の変化20 ポイント1 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回のテーマは、「ブレンステッド・ローリーの定義」です。

アレーニウスは、電離して水素イオンや水酸化物イオンを生じることに注目

lecturer_avatar

前回は、 アレーニウスの定義 について学習しましたね。
酸は、 「酸は水溶液中で電離して、水素イオンを生じる物質」 のことです。
塩基は、 「塩基は水溶液中で電離して、水酸化物イオンを生じる物質」 のことでした。

lecturer_avatar

このように、アレーニウスは、電離して水素イオンを生じるのか、水酸化物イオンを生じるのかに注目したわけです。

アンモニアは、アレーニウスの塩基の定義に当てはまらない

lecturer_avatar

しかし、ここで一つ疑問が出てきます。
アンモニアNH3 を例に考えてみましょう。
NH3は、 塩基 として有名ですよね。

lecturer_avatar

しかし、Ca(OH)2やKOHとちがって、 NH3にはOH-が含まれていません。
それなのに、NH3を塩基に分類してもよいのでしょうか?

lecturer_avatar

この点について詳しく研究したのが、 ブレンステッドローリー という二人の研究者です。
ブレンステッド・ローリーの定義について、詳しくみていきましょう。

ブレンステッド・ローリーの定義においては、酸とは「相手にH+を与える分子やイオン」、塩基とは「相手からH+を受け取る分子やイオン」

高校 理科 化学基礎 物質の変化20 ポイント1 図のみ

lecturer_avatar

図のように、 NH3HCl の反応を考えます。
それぞれの分子のモデル図が下にかかれていますね。
左辺と右辺を比べて、どのような変化が起こっているか、わかりますか?
HClからNH3へと、 H+が移動している のです。

lecturer_avatar

ブレンステッドとローリーはこの点に注目して、次のような定義を考えました。
   :相手にH+与える 分子やイオン
  塩基 :相手からH+受け取る 分子やイオン

lecturer_avatar

酸の定義はアレーニウスと似ていますが、塩基の定義が大きく異なっていますね。
きちんとルールを覚えておきましょう。

高校 理科 化学基礎 物質の変化20 ポイント1 答え全部

Igarashi

この授業の先生

五十嵐 健悟 先生

「目に見えない原子や分子をいかにリアルに想像してもらうか」にこだわり、身近な事例の写真や例え話を用いて授業を展開。テストによく出るポイントと覚え方のコツを丁寧におさえていく。

ブレンステッド・ローリーの定義
47
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      物質の変化

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          酸と塩基

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校化学基礎

              高校化学基礎