Movie size

5分でわかる!非保存力が仕事をする場合

7

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

非保存力が仕事をする場合

高校物理 運動と力 58ポイント1 全部 空欄埋める

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

非保存力がはたらく場合の力学的エネルギー の第2回目の授業です。前回の授業では、 物体にはたらく非保存力が仕事をしない とき、物体の持つ 力学的エネルギーには影響を与えない ことを学びました。

lecturer_avatar

では、 非保存力が仕事をした場合、力学的エネルギーにはどのような影響を与えるのか を今回は考えてみましょう。

力がした仕事=運動エネルギーの変化分

lecturer_avatar

下の図のように、手でボールを持ったまま、点Aから点Bまで移動させる例で考えましょう。

高校物理 運動と力58 ポイント1 図

lecturer_avatar

点Aの高さはh[m]でボールの速さはv[m/s]、点Bの高さはH[m]でボールの速さはV[m/s]とします。 物体の運動エネルギーの変化 は、 (1/2)mV2 −(1/2)mv2 と表すことができますね。

lecturer_avatar

このとき、物体にした仕事をWとすると、仕事と運動エネルギーの関係から、
W=(1/2)mV2 −(1/2)mv2
が成り立ちます。さらに、物体にした仕事Wは、重力が物体にした仕事Wgと手が物体にした仕事WFとの和であるので、
Wg + WF = (1/2)mV2 − (1/2)mv2 ……①
となります。

非重力がした仕事WFについて解こう!

lecturer_avatar

①の式で、非重力である手がした仕事WFに注目して解いていきましょう。重力のした仕事Wgは、力の大きさに移動距離を掛ければ良いので
Wg = mg(h − H)
となります。これを①に代入すると、
Wg + WF = (1/2)mV2 − (1/2)mv2
mg(h − H) + WF = (1/2)mV2 − (1/2)mv2
WF = {(1/2)mV2 + mgH } − {(1/2)mv2 + mgh }

lecturer_avatar

(1/2)mV2 + mgH は運動後の力学的エネルギー で、 (1/2)mv2 + mgh は運動前の力学的エネルギー となっていますね。この式から 手のした仕事は、後の力学的エネルギーから前の力学的エネルギーを引いた差になる ことがわかりますね。

力学的エネルギーの変化量が物体にはたらく非保存力の仕事になる!

lecturer_avatar

手のした仕事についての式をもう一度確認しましょう。
WF = {(1/2)mV2 + mgH } − {(1/2)mv2 + mgh }
ここで左辺の手のした仕事WF非保存力 です。また右辺は 力学的エネルギーの変化量 、あるいは 増加量 を示しています。増加や変化を表す記号としてΔ(デルタ)がありましたね。右辺はこの記号Δ、また運動エネルギーを表す記号K、位置エネルギーを表す記号Uを使うことで下のようにシンプルにまとめることができます。

高校物理 運動と力58 クマさんのまとめのみ 空欄埋める
lecturer_avatar

非保存力のした仕事は、力学的エネルギーの変化量に相当する ということをしっかりと覚えてください。

Suzuki

この授業の先生

鈴木 誠治 先生

知識ゼロからでもわかるようにと、イラストや図をふんだんに使い、難解な物理を徹底的にわかりやすく解きほぐして伝える。

非保存力が仕事をする場合
7
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。