高校物理

高校物理
5分でわかる!弾性力による位置エネルギー

6
Movie size

5分でわかる!弾性力による位置エネルギー

6

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

弾性力による位置エネルギー

高校物理 運動と力55 ポイント1 全部 空欄埋める

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回は、 ばね による 弾性エネルギー について学んでいきます。まず次の図を見てください。

高校物理 運動と力55 ポイント1 図のみ

lecturer_avatar

片方を固定されたばねが物体を引っ張る手によって、元の長さ(= 自然長 )に比べて長くなっています。このとき、ばねから物体には 弾性力 がはたらき、物体には弾性力による位置エネルギーが蓄えられます。

lecturer_avatar

弾性力は前回の授業で学習した 保存力 のひとつで、弾性力による位置エネルギーは 弾性エネルギー と呼ばれます。今日はこの弾性エネルギーがどう表されるかについて考えていきましょう。

弾性力は自然長に戻る方向にはたらく

lecturer_avatar

弾性エネルギーを求める前に、まずは弾性力について復習しておきましょう。先ほどの図をもう一度見てください。

高校物理 運動と力55 ポイント1 図のみ

lecturer_avatar

ばねが壁に取り付けられ、自然長に比べてx[m]伸びている状態です。このとき、もしもばねから手を離すと、力がはたらいて元の位置に物体は戻ろうとしますね。今回の場合、ばねは左向き、自然長に戻ろうとする方向へ弾性力F[N]がはたらきます。大きさはばね定数kを用いて F=kx[N] と表すことができましたね。

高校物理 運動と力55 ポイント1 図のみ

力×距離で単純計算できない!

lecturer_avatar

それでは自然長の位置を基準点O、ばねが伸びた位置をAとして、弾性エネルギーUkを求めてみましょう。

高校物理 運動と力55 ポイント1 図のみ

lecturer_avatar

エネルギーは仕事する能力のことでしたね。仕事は「力×移動距離」で求められ、今回は、力の大きさがkx[N]、移動する距離がx[m]です。したがって、弾性エネルギーUk
Uk=kx×x=kx2
というように表せると思ってしまうかもしれません。しかし、これは 間違い です。

lecturer_avatar

何が間違っているのかというと、重力と違い 弾性力Fは一定ではありません 。弾性力Fはkxで表わされるため、基準点Oに近づくにつれ距離xは小さくなり弾性力Fも小さくなっていきますね。 力が一定ではないとき、仕事は力×距離で単純計算できない のです。

lecturer_avatar

では、弾性力をどのように計算すれば良いのか、次のポイントで解説していきましょう。

Suzuki

この授業の先生

鈴木 誠治 先生

知識ゼロからでもわかるようにと、イラストや図をふんだんに使い、難解な物理を徹底的にわかりやすく解きほぐして伝える。

弾性力による位置エネルギー
6
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。