高校物理

高校物理
5分でわかる!相対速度の求め方

13
Movie size

5分でわかる!相対速度の求め方

13

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

相対速度の求め方

運動と力20のポイント1 全部 空欄埋める

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

観測者から見たときの相手の速度を「相対速度」 といいます。今回は、観測者と相手が同一直線上を動く 一次元の相対速度 を考えましょう。下の図を見てください。

運動と力20のポイント1 2つの図

lecturer_avatar

2匹のクマちゃんがいます。クマちゃんAは右向きに3[m/s]、クマちゃんBは右向きに2[m/s]で移動しています。このとき、クマちゃんBを自分(観測者)、クマちゃんAを観測する対象(相手)とします。クマちゃんBから見たクマちゃんAの移動する速度 「相対速度」 はどうなるか考えていきます。

1秒後のクマちゃんA、Bの位置を考えよう!

lecturer_avatar

右向きをプラスに定めると、クマちゃんBの速度は+2[m/s]、クマちゃんAの速度は+3[m/s]になりますね。この時のクマちゃんBから見たクマちゃんAの速度、つまり 相対速度 vはどうなるでしょうか?

運動と力20のポイント1 2つの図

lecturer_avatar

速度は1秒間に進む距離なので、1秒後にクマちゃんBは2[m]、クマちゃんAは3[m]進みますね。このとき、クマちゃんBから見たクマちゃんAの位置は前方1[m]先になります。これがまさに 相対速度の考え方 です。つまり、見てる相手の速度(=+3[m/s])から自分の速度(=+2[m/s])を引くことで求められますね。

POINT
運動と力20のポイント1
lecturer_avatar

(相手の速度)−(自分の速度)=(相対速度) という一般式をおさえておきましょう。

Suzuki

この授業の先生

鈴木 誠治 先生

知識ゼロからでもわかるようにと、イラストや図をふんだんに使い、難解な物理を徹底的にわかりやすく解きほぐして伝える。

相対速度の求め方
13
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      運動と力

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          合成速度と相対速度

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校物理