高校物理基礎

高校物理基礎
5分で解ける!等加速度直線運動の位置xに関する問題

30

5分で解ける!等加速度直線運動の位置xに関する問題

30
入塾セミナー入塾セミナー

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

運動と力7 練習 全部

解説

これでわかる!
練習の解説授業

自分で図をかくのが重要!

lecturer_avatar

等加速度直線運動の移動距離を求める問題です。文章だけで、図がありませんね。図がない問題では、自分で図を描いて、物体の運動を分かりやすくまとめるのが重要です。初速度v0=5.0[m/s]、加速度a=2.5[m/s2]、t=2.0[s]を図のように書きましょう。

運動と力7 練習 解答の図のみ

lecturer_avatar

問題文に出てきた条件をすべて記入しておく こと。そして、 何を求めるべきかを意識しておく ことがポイントです。

lecturer_avatar

この問題では、物体の移動距離x[m]を求めるので、図に「x=?」と記してあります。頭の中だけで物体の運動を考えてしまうと、ミスが増えてしまいがちです。常に、目に見えるような状態にして問題を解き、ミスを減らしていきましょう。

等加速度直線運動の位置 x=v0t+(1/2)at2

運動と力7 練習 全部
運動と力7 練習 解答の図のみ

lecturer_avatar

初速度v0が5.0[m/s]、加速度aが2.5[m/s2]で等加速度直線運動をする物体の2.0[s]後の位置を求めます。 等加速度直線運動の位置の式 は覚えていますか?
x=v0t+(1/2)at2
でしたね。

lecturer_avatar

上の式に、v0=5.0[m/s]、a=2.5[m/s2]、t=2.0[s]を代入して計算すれば、物体の移動距離が求められます。

答え
運動と力7の練習 答えのみ(図不要)
入塾セミナー
等加速度直線運動の位置x
30
友達にシェアしよう!
入塾セミナー

高校物理基礎の問題

この授業のポイント・問題を確認しよう

運動と力

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      等加速度直線運動

      入塾セミナー入塾セミナー

      高校物理基礎