高校物理基礎

高校物理基礎
5分で解ける!等加速度直線運動の速度vに関する問題

39

5分で解ける!等加速度直線運動の速度vに関する問題

39
入塾セミナー入塾セミナー

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

運動と力6の練習 全部

解説

これでわかる!
練習の解説授業

等加速度運動の速度 v=v0+at

lecturer_avatar

等加速度運動をしている自動車の速度を求める問題です。

lecturer_avatar

問題文より、はじめに自動車は速度10[m/s]で移動をしていました。そして、進行方向に大きさ2.0[m/s2]の等加速度運動をするとありますね。つまり、 初速度v0が10[m/s]加速度aが2.0[m/s2] とわかります。

運動と力6の練習 式と答え

lecturer_avatar

等加速度運動における速度は v=v0+at で求められることを覚えていますか? 公式に、初速度v0=10[m/s]、加速度a=2.0[m/s2]、時間t=5.0[s]を代入することで、vの値を求めることができますね。

答え
運動と力6の練習 式と答え
入塾セミナー
等加速度直線運動の速度v
39
友達にシェアしよう!
入塾セミナー

高校物理基礎の問題

この授業のポイント・問題を確認しよう

運動と力

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      等加速度直線運動

      入塾セミナー入塾セミナー

      高校物理基礎