高校英語文法

高校英語文法
5分で解ける!「It is 時間」の慣用表現に関する問題

8

5分で解ける!「It is 時間」の慣用表現に関する問題

8
オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

この動画の問題と解説

チャレンジ

一緒に解いてみよう

高校英語文法 代名詞5・6の入試レベルにチャレンジ アイコンあり

解説

これでわかる!
チャレンジの解説授業

not longということは…?

lecturer_avatar

入試レベル問題にチャレンジしてみましょう。

高校英語文法 代名詞5・6の入試レベルにチャレンジ アイコンなし

lecturer_avatar

2つの英文が同じ意味になるように,下線に英語を補う問題だね。

lecturer_avatar

まず最初の文章の意味を考えてみるよ。
The announcement says that we will soon arrive at Kyoto.「アナウンスによれば,間もなく京都に着くそうです。」となるね。
この意味に下の文も揃えるから,that以下の文をどう作るかが問題だね。

lecturer_avatar

下の文のthat以下は,it won't be long~ となっているね。
not longで「長くない,間もなく」という意味があったから,
「間もなく〜するでしょう」It is not long before SV~.の慣用表現 を使えば良いんだね。
つまり空欄にはbeforeを入れれば良いんだよ。

lecturer_avatar

つなげてみると,
The announcement says that it won't be long before we arrive at Kyoto.
「アナウンスによれば,間もなく京都に着くそうでしょう。」となったね。

答え
高校英語文法 代名詞5・6の入試レベルにチャレンジ 答え入り アイコンなし
オンライン個別指導塾
「It is 時間」の慣用表現
8
友達にシェアしよう!
オンライン個別指導塾