中学公民

中学公民
5分でわかる!憲法改正の手続き1・国会による発議

53

5分でわかる!憲法改正の手続き1・国会による発議

53
オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

この動画の要点まとめ

ポイント

憲法改正の手続き1 国会による発議編

中学公民13 ポイント2 全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

2つ目のポイントは、「憲法改正の発議」です。
国会での審議を経て、憲法改正が発議されるまでの流れをおさえましょう。
こちらを見てください。

中学公民13 ポイント2 全部

憲法改正案 まずは国会がチェック!

lecturer_avatar

憲法改正には、国会と国民による2重のチェックが必要です。
まずは国会が憲法改正案のチェックを行います。
国会には衆議院、参議院の2つがありますが、どちらが先にチェックしてもかまいません。

両院で「3分の2」以上の賛成が必要

lecturer_avatar

両院で審議が行われ、それぞれ総議員の3分の2以上が賛成すると、国会の審議を通過したことになります。
この「3分の2」という割合が重要ですので、覚えておきましょう。
衆議院、参議院のどちらか一方でも、賛成が3分の2に満たなかった場合には、
憲法改正案は廃案になります。

lecturer_avatar

国会での審議を通過すると、国会により憲法改正が発議されます。
国会から国民に対して、憲法改正が提案されるということです。

中学公民13 ポイント2 全部

lecturer_avatar

憲法改正案が提出されてから、国会による発議までの流れをおさえましょう。

この授業の先生

松本 亘正 先生

歴史や地理を暗記科目ととらえず、感動と発見がふんだんに盛り込まれたストーリーで展開して魅了。 ときにクスリと笑わせる軽妙な語り口にも定評があり、「勉強ってこんなに楽しかったの!?」と心動かされる子供たちが多数。

オンライン個別指導塾
憲法改正の手続き1・国会による発議
53
友達にシェアしよう!
オンライン個別指導塾