中3理科

中3理科
5分でわかる!急ブレーキと慣性の法則

5
Movie size

5分でわかる!急ブレーキと慣性の法則

5

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

急ブレーキと慣性の法則

中3 物理9 ポイント2

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

それでは、もう一度、電車の例を振り返ってみましょう。

外から力がはたらかないとき、物体はそのままの運動を続ける

中3 物理9 ポイント2

lecturer_avatar

図のように、走っている電車の中に人がいます。
この電車が急ブレーキをかけると、人は電車の前に傾きますよね。
この現象を、力に注目して考えてみましょう。
まずは電車について考えます。
電車はブレーキをかけるので、その力がかかります。
一方、人にはブレーキがついていません。
そのため、ブレーキをかけた後も、そのままの運動を続けようと思います。
正確に言うと、人の体の中でも、電車についている足などは電車と一緒に止まります。
しかし、それ以外の部分は、電車が止まっても同じ速さで進もうとするわけです。
つまり、この現象では、人に力がはたらかないので、そのままの運動を続けようとします。
これはまさに「慣性の法則」ですね。

lecturer_avatar

同じように図の下の例も見ましょう。
これはだるまおとしというおもちゃです。
積み木を積んで、その中の1つをハンマーで叩きます。
すると、叩かれた積み木は横に飛びます。
この積み木は、ハンマーに叩かれることによって、運動が変化しているわけです。
しかし、その上に乗っている積み木には、外から力がはたらいていません。
そのため、下の積み木が抜けると、上の積み木はそのまましたに落ちるわけです。
このように、私たちの身のまわりの現象にも、慣性の法則は関わっています。

中3 物理9 ポイント2

Itami

この授業の先生

伊丹 龍義 先生

教員歴15年以上。「イメージできる理科」に徹底的にこだわり、授業では、ユニークな実験やイラスト、例え話を多数駆使。

急ブレーキと慣性の法則
5
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      運動とエネルギー

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          力の作図

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中3理科