中3理科

中3理科
5分でわかる!力の分解

36
Movie size

5分でわかる!力の分解

36

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

力の分解

中3 物理8 ポイント1 答えあり

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回も力の表し方について、見ていきます。
まずは、机の上にある消しゴムをイメージしてみましょう。
消しゴムを右方向と上方向に引っ張ります。
すると、消しゴムは斜め上向きに動きますよね。
このように2つの力を合わせたものを「合力」といいました。
今回は、この逆を考えます。
つまり、斜め上向きに力を加えたとき、縦・横にどれだけ引っ張られたかを考えていきましょう。

力の分解は、平行四辺形をつくって考える

中3 物理8 ポイント1 答えあり

lecturer_avatar

まずは図の左を見てください。
図において、点の位置に物体があると考えましょう。
この物体に斜め上方向の力がはたらいています。
この物体は斜めに動くのですが、どれだけの距離を動いたのか、わかりづらいですよね。
そこで、この力を縦と横に分けてみましょう。
ここで思い出して欲しいのが、力の合成です。
力を合成するときには、2つの矢印を使って平行四辺形を作りました。
できた平行四辺形の対角線が合力を表していたわけです。

lecturer_avatar

ですから今回は、図の矢印が対角線になるように、長方形を作ってみましょう。
まずは、矢印の先端から、縦線と平行な線を引きます。
同じように、横線と同じ向きにも線を引きましょう。
それぞれの線は、横線・縦線(点線)と交わりますね。
矢印の出発点からその交点まで、新しい矢印を2つかきましょう。
このようにしてできた2つの矢印は、「分力」という力を表します。
斜め上方向の力を「分けてできた力」という意味ですね。

中3 物理8 ポイント1 答えあり

lecturer_avatar

次に図の真ん中を見てください。
物体に下向きの力がはたらいています。
この力を斜め方向の力2つに分けていきます。
こんな場合も、同じ考え方が使えます。
まずは、2つの線それぞれに平行な線をかきます。
元の点線2本と平行な線2本を使って、四角形を作ります。
四角形の2つの辺が分力を表しているわけです。

中3 物理8 ポイント1 答えあり

lecturer_avatar

最後に図の右を見てください。
今度は、2本の点線が垂直ではありませんね。
この場合にも分力を考えることはできます。
これまでと同じように、矢印の先端から、点線に平行な線を引きます。
点線2本と平行な線2本ができました。
この4本を使って、平行四辺形をつくることができますね。

lecturer_avatar

このように、 平行四辺形 をつくって、分力を考えることができるわけです。

中3 物理8 ポイント1 答えあり

Itami

この授業の先生

伊丹 龍義 先生

教員歴15年以上。「イメージできる理科」に徹底的にこだわり、授業では、ユニークな実験やイラスト、例え話を多数駆使。

力の分解
36
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      運動とエネルギー

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          力の作図

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中3理科