高校生物

高校生物
5分でわかる!明暗調節のメカニズム

10

5分でわかる!明暗調節のメカニズム

10
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の要点まとめ

ポイント

明暗調節のメカニズム

高校 生物 動物生理8 ポイント2 すべてうめる

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

明暗調節のメカニズムを見ていきましょう。

lecturer_avatar

明暗調節とは、光量に応じて虹彩が瞳孔の大きさを調整することです。
明所では瞳孔が小さくなり、暗所では瞳孔が大きくなります。

lecturer_avatar

次の眼の模式図を見てください。

高校 生物 動物生理8 ポイント2 図
lecturer_avatar

瞳孔は眼の中央にある黒目の部分です。
図では、瞳孔の部分が白い色で示されています。

lecturer_avatar

明所では周りから眼に入る光を制限する必要があります。
そのため、瞳孔の大きさは小さくなるのです。

lecturer_avatar

一方、暗所ではより広い範囲から眼に光を入れる必要があります。
そのため、瞳孔の大きさは大きくなるのですね。

lecturer_avatar

ここで、瞳孔の大きさを調節しているのは、瞳孔のまわりにある虹彩です。

瞳孔括約筋 収縮、瞳孔散大筋 弛緩⇒瞳孔小さくなる

高校 生物 動物生理8 ポイント2 図

lecturer_avatar

虹彩は筋肉でできています
瞳孔の円周上にある環状の筋肉を、瞳孔括約筋といいます。
また、さらに外側にある放射状に伸びた筋肉を、瞳孔散大筋といいます。

lecturer_avatar

明所では瞳孔が小さくなっています。
瞳孔が小さいということは、瞳孔の円周が短くなっているということです。
よって、瞳孔括約筋は収縮しています。
一方、瞳孔散大筋は弛緩します。

高校 生物 動物生理8 ポイント2 図

lecturer_avatar

暗所では瞳孔が大きくなっています。
瞳孔が大きいということは、瞳孔の円周が長くなっているということです。
よって瞳孔括約筋は弛緩しています。
一方、瞳孔散大筋は収縮することになります。

lecturer_avatar

2つの筋肉は、片方が収縮しているとき、もう片方が弛緩しているのですね。
明暗調節のメカニズムを、眼の図をイメージしながらおさえましょう。

高校 生物 動物生理8 ポイント2 すべてうめる

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

オンラインLIVE夏期講習
明暗調節のメカニズム
10
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習