高校生物

高校生物
5分でわかる!コラーナの実験

0
Movie size

5分でわかる!コラーナの実験

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

コラーナの実験

高校 生物 遺伝7 ポイント3 すべてうめる

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

mRNAの塩基配列と合成されるアミノ酸の関係を、実験を通して明らかにした3人の研究者がいます。
オチョアニーレンバーグコラーナです。

lecturer_avatar

オチョアは、mRNAの人工合成に成功しました。
また、ニーレンバーグは、試験管内での翻訳によるタンパク質合成に成功しました。
最後に、コラーナの実験を見ていきましょう。

1つか3つの塩基がアミノ酸を指定すると判明

lecturer_avatar

コラーナの1つ目の実験では、AとCの塩基が繰り返されるmRNAが使われました。
次の図を見てください。
これが、コラーナが使った人工のmRNAです。

高校 生物 遺伝7 ポイント3 ACAC・・・という塩基配列のみ・鍵括弧やすべての文字を除く
lecturer_avatar

コラーナはこの実験によって合成されるアミノ酸配列から、mRNAの塩基配列と合成されるアミノ酸の関係について明らかにしようとしました。
当時は、いくつの塩基で1つのアミノ酸が指定されるか分かっていませんでした。
そこでコラーナは、いくつかの仮説を立てて実験を行ったわけです。

lecturer_avatar

仮説の1つ目は、1つの塩基が1つのアミノ酸を指定するパターンです。
塩基配列は、A、C、A、Cと繰り返されます。
この場合、2種類のアミノ酸が交互に合成されるはずです。

lecturer_avatar

仮説の2つ目は、2つの塩基が1つのアミノ酸を指定するパターンです。
塩基配列は、AC、AC、AC、ACと繰り返されます。
この場合、同じアミノ酸が続けて合成されるはずです。

lecturer_avatar

仮説の3つ目は、3つの塩基が1つのアミノ酸を指定するパターンです。
塩基配列は、ACA、CAC、ACA、CACと繰り返されます。
この場合、2種類のアミノ酸が交互に合成されるはずです。

lecturer_avatar

さて、3つの仮説のうち、どれが正しかったのでしょうか?

高校 生物 遺伝7 ポイント3 図の上半分・すべてうめる
lecturer_avatar

実験の結果、トレオニンヒスチジンというアミノ酸が交互に合成されました。
よって、1つの塩基か3つの塩基が、1つのアミノ酸を指定していることが分かるのです。
しかし、具体的にどの塩基がトレオニンやヒスチジンを指定しているのかはまだ分かりませんね。

3つの塩基がアミノ酸を指定する

lecturer_avatar

コラーナの2つ目の実験を見ていきましょう。
2つ目の実験では、CAAという塩基が繰り返されるmRNAが使われました。
次の図を見てください。
これが、2つ目の実験で使われた人工のmRNAです。

高校 生物 遺伝7 ポイント3 CAACAA・・・の塩基配列一列のみ・鍵括弧や文字などすべて除く
lecturer_avatar

コラーナはこのmRNAを使って、1つ目の実験と同じように試験管内でのタンパク質合成を試みました。
彼は今回も、いくつかの仮説を立てて実験を行いました。

lecturer_avatar

仮説の1つ目は、1つの塩基が1つのアミノ酸を指定するパターンです。
塩基配列は、C、A、Aと繰り返されます。
この場合、2種類のアミノ酸が合成されるはずです。

lecturer_avatar

仮説の2つ目は、3つの塩基が1つのアミノ酸を指定するパターンです。
翻訳が開始する場所によって、CAAが繰り返されるパターン、AACが繰り返されるパターン、ACAが繰り返されるパターンがあります。
結果として、3種類の同じアミノ酸が合成されるはずです。

lecturer_avatar

実験から、3種類アミノ酸が合成されました。
グルタミン・アスパラギン・トレオニンの3つです。
この結果から、3つの塩基が1つのアミノ酸を指定していることが明らかになりました。

高校 生物 遺伝7 ポイント3 図の下半分・すべてうめる
lecturer_avatar

コラーナは、3つの塩基が1つのアミノ酸を指定していることを明らかにしました。
また、ACAという塩基配列がトレオニンを指定していることも発見しました。
オチョア、ニーレンバーグ、コラーナという3人の実験によって、mRNAの塩基配列と合成されるアミノ酸の関係が明らかになっていったのですね。

高校 生物 遺伝7 ポイント3 すべてうめる
Hoshino

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

コラーナの実験
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      遺伝

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          遺伝子発現調節

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校生物