高校生物

高校生物
5分でわかる!遺伝子発現:翻訳

3
Movie size

5分でわかる!遺伝子発現:翻訳

3
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の要点まとめ

ポイント

遺伝子発現:翻訳

高校 生物 遺伝9 ポイント1 すべてうめる

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回は、翻訳について見ていきます。

翻訳⇒mRNAの塩基配列からタンパク質を合成

lecturer_avatar

次の図を見てください。
これは、翻訳の様子を表したものです。

高校 生物 遺伝9 ポイント1 図
lecturer_avatar

図の左には核が描かれています。
核内で作られたmRNAが核外へ出ると、まずリボソームと結合します。
リボソームは、mRNAの塩基配列を読み取りつつ、mRNAを5'側から3'側へ進んでいきます。
リボソームがAUGという塩基配列をもつ開始コドンを読み取ると、翻訳が開始されました。

lecturer_avatar

翻訳とは、mRNAの塩基配列が、アミノ酸配列に変換されてタンパク質が合成されることです。
mRNAがもつアミノ酸を指定する3つの塩基の並びをコドンといいましたね。
リボソームがコドンを読み取ると、コドンに対応したアミノ酸をtRNAが次々と運んできました。

lecturer_avatar

tRNAによって運ばれてきたアミノ酸は、アミノ酸同士が連結されて立体構造を作ることで、特定の働きをもつようになります。

高校 生物 遺伝9 ポイント1 すべてうめる
Hoshino

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

春キャンペーン2019
遺伝子発現:翻訳
3
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019