高校漢文

高校漢文
5分で解ける!再読文字 「当・応」に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!再読文字 「当・応」に関する問題

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校漢文 2章3 練習1 答え無し

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

練習①。書き下し文と訳を答える問題です。

lecturer_avatar

さっそく書き下していきましょう。1回目は、右側で 「まさに」 と読みます。2回目は返り点にしたがって、左側で助動詞として 「べし」 と読みます。この文では2字返るので 一二点 が使われていますね。「禍」は「わざはひ(わざわい)」と読みます。読む順番は「当→禍→至→当」で、書き下し文は 「当に禍ひ至るべし。」 となります。

lecturer_avatar

気をつけることが2つあります。「禍」の送り仮名は 歴史的仮名遣い で書きましょう。また「当」の2回目「べし」は ひらがな で書きましょう。 再読文字の2回目はひらがなで書く のでしたね。「当し」と書かないようにしましょう!

lecturer_avatar

そして、2回目の直前の 「至」 という字。「将」の2回目の直前は 未然形 で読むのでしたね。ですので、終止形の「至る」ではなく「至ら」となっています。

lecturer_avatar

さらに 直前の字には「~んと」をつけて読む ルールもありましたね。 「至らんと」 という読みになっています。

lecturer_avatar

訳はどうでしょうか?「当」は 「当然~すべきだ」「きっと~に違いない」 という意味でしたね。「至」は、ここでは「やってくる」「ふりかかる」と訳すのがよいでしょう。訳は 「当然災いがふりかかるべきだ。」「きっと災いがふりかかるに違いない。」 となります。どちらでも大丈夫です!

答え
練習1 答え有り
lecturer_avatar

続いて練習②。少し長い文章ですが、こちらも同じように、書き下し文と訳を確認しましょう。

練習2 答え無し

lecturer_avatar

まずは「孫子度其行」まで読んでみましょう。
一点 のついている「行」から
二点 のついている「度」に返る形ですね。
「孫子其の行を度(はか)るに」 と読むことができます。

lecturer_avatar

続いて後半を読んでみましょう。ポイントは 「当」 という字です。「当」は2回読む 再読文字 でしたね。1回目は 返り点を無視して 「まさに」と読みます。2回目は 返り点にしたがって 左側を読みます。ここではレ点があるので、下の「至」から1字返って、助動詞として「べし」と読みます。

lecturer_avatar

「~べし」の直前に読む 「至」 にも注目です。練習①では「やってくる」と訳しましたが、ここでは 「たどり着く」 という意味で使われています。ここでポイントを思い出しましょう。 「~べし」の直前は基本的に終止形! でしたね。「至る」の終止形はそのまま「至る」です。ここでも「至る」と読んでいます。

lecturer_avatar

それでは書き下してみましょう。「当」は返り点を無視して1回目を読み、2回目は返り点にしたがって読みます。 一二点 で「陵」から「至」に返ってから レ点 で2回目の「当」を読みましょう。書き下し文は 「暮に当に馬陵に至るべし。」 となります。「べし」をひらがなで書くところに気をつけましょう!

lecturer_avatar

最後に訳を考えましょう。この問題には注釈がたくさんついています。できるだけ利用しましょう。前半は 「孫子がその軍の行動を予測することには、」 となります。もう少し意訳して 「孫子がその軍の行動を予測して言った」 と訳すこともできるでしょう。

lecturer_avatar

後半も注釈を利用しましょう。「至」には意味がいろいろありますが、注釈にしたがって 「たどり着く」 と訳します。「馬陵」という見慣れない言葉も、注釈から地名 だとわかります。そのまま「馬陵」と訳しましょう。そして、今日学習した「当」の意味が重要です。 「当然~するべきだ」「きっと~に違いない」 のように、自信があらわれている表現でしたね。訳は 「きっと日暮れには馬陵にたどり着くに違いない。」 となります。

答え
練習2 答え有り
lecturer_avatar

もちろん、「当然~するべきだ」 と訳しても大丈夫です。その場合は「予測して」いるわけですから「当然日暮れには馬陵にたどり着く はず だ。」と訳すと自然な形になりますよ!

lecturer_avatar

ちなみに、この問題で出てきた 「孫子」 という人は、戦術・戦法に詳しく「孫子の兵法」で有名です。この文章は、彼が相手の行動を予測して、どんな戦法を使うかを考えているところです。

今回のまとめ

lecturer_avatar

今回は「当」「応」という漢字について学びました。読み方は 「まさに~べし」 、意味は 「当然~すべきだ」「きっと~に違いない」 。「当然」「応援」「当枕石漱流」など、いろいろな例文も読みましたね。

lecturer_avatar

ちなみに「応援」といえば、実は先生、プロ野球の応援団をやっていたことがあります。今はそのエネルギーをみなさんに注いで、漢文の勉強を応援していますよ!一緒に頑張っていきましょう、フレーフレー!

再読文字 「当・応」
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      再読文字の問題

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      再読文字

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          再読文字

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校漢文