高校古文

高校古文
5分でわかる!形容詞・形容動詞の語幹の用法①

15

5分でわかる!形容詞・形容動詞の語幹の用法①

15
難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

この動画の要点まとめ

ポイント

形容詞・形容動詞の語幹の用法①

高校古文 2章7 現代文と古文の比較

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

高校古文2章「動詞・形容詞・形容動詞」。今回は「語幹の用法」について学習するよ。

lecturer_avatar

ポイントの1つ目は「形容詞・形容動詞の語幹の用法」。現代文で「あつい」を「あつっ」、「やばい」を「やばっ」と言うと、より感情が伝わるよね。これは古文でも同じなんだ。「あつし」を「あつ」、「すべなし」を「すべな」と語幹で表した方が感動がこもる。語幹の用法はいろいろあるから、今回から3回にわたってみていこう。

感動・驚きなどの「あな~や」

lecturer_avatar

まずは語幹の用法の形からみていこう。

高校古文 2章7 「あな~や」

lecturer_avatar

感動詞「あな」+語幹+間投助詞「や」で「ああ、~だなあ」と、感動がこもった表現になるよ。間投助詞「や」は省略されることもある。具体例をみていこう。
「あな、をさなや。」の「をさな」は形容詞「をさなし」の語幹だよ。訳は「ああ、幼いなあ。」となって、より感動のこもった表現になるんだ。
「あな、きよら。」の「きよら」は形容動詞「きよらかなり」の語幹だよ。訳は「ああ、美しいなあ。」

lecturer_avatar

感動詞「あな」+語幹+間投助詞「や」で「ああ、~だなあ」と、感動がこもった表現になることをおさえよう。

この授業の先生

黒須 宣行 先生

大手予備校にて、基礎から難関私大対策まで幅広い講座を担当。教師歴30年以上の大ベテラン。豊富な知識・経験に裏打ちされた授業は、独特な親しみやすい人柄もあいまって人気を博している。

難関大合格パーソナルプログラム
形容詞・形容動詞の語幹の用法①
15
友達にシェアしよう!
難関大合格パーソナルプログラム