高校古文

高校古文
5分でわかる!動詞の活用の種類の見分け方②

16

5分でわかる!動詞の活用の種類の見分け方②

16
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の要点まとめ

ポイント

次に上一段・下一段を絶対暗記

高校古文 2章3 ①四段~⑨ラ変

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

ポイントの2つ目は「上一段・下一段活用の動詞」。動詞の活用の種類を見分けるには、まず変格活用かどうか判断するんだったね。変格活用でなかった場合には、上一段・下一段動詞に当てはまるかを調べるんだ。上一段・下一段動詞を詳しくみていこう。

上一段動詞

lecturer_avatar

まずは上一段活用の動詞を9個覚えよう。

高校古文 2章3 上一段動詞

lecturer_avatar

「ヤ行」「ワ行」の「い段」には注意が必要だよ。平仮名で正しく書けるかな?
「ヤ行」は「」、「ワ行」は「」。
だから「射る・鋳る」は「いる」、「居る・率る」は「ゐる」になるね。

lecturer_avatar

上一段の活用を「見る」を例に確認しよう。
上一段動詞は語幹と活用語尾が分けられないから、語幹は「〇」。
「み・み・みる・みる・みれ・みよ」と活用しているから、母音の変化は「i・i・iる・iる・iれ・iよ」。
母音の変化を覚えて、他の上一段活用の動詞でも活用形が作れるようにしておこう。

下一段動詞

lecturer_avatar

つぎは下一段活用の動詞をみていこう。これは簡単で「蹴る」の一語だけ!
だから母音の変化ではなく、「蹴る」の活用をそのまま覚えてもいいよ。

高校古文 2章3 下一段動詞

lecturer_avatar

上一段動詞と同じように、語幹と活用語尾が分けられないから語幹は「〇」。
活用は「け・け・ける・ける・けれ・けよ」。だから母音の変化は「e・e・eる・eる・eれ・eよ」。
上一段の母音の変化を「え段」にしたのが下一段活用だよ。上一段活用の9個の動詞と活用、下一段動詞の「蹴る」とその活用を覚えてね!

lecturer_avatar

つぎのポイントでは、動詞が変格活用でも、上一段・下一段活用でもない場合をみていくよ。

この授業の先生

黒須 宣行 先生

大手予備校にて、基礎から難関私大対策まで幅広い講座を担当。教師歴30年以上の大ベテラン。豊富な知識・経験に裏打ちされた授業は、独特な親しみやすい人柄もあいまって人気を博している。

オンラインLIVE夏期講習
動詞の活用の種類の見分け方②
16
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習