高校世界史B

高校世界史B
5分でわかる!エジプトで高まるアラブ民族主義!

3
Movie size

5分でわかる!エジプトで高まるアラブ民族主義!

3
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の要点まとめ

ポイント

エジプトで高まるアラブ民族主義!

高校世界史 第三勢力の台頭と米ソの歩み寄り1 ポイント2 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

ポイントの2つ目は「アラブ民族主義の高揚」です。
今回の舞台は エジプト です。戦後のエジプトで起こった出来事を学習します。

エジプト革命/ナセル大統領の就任

lecturer_avatar

1952年、改革派グループの自由将校団が エジプト革命 を起こし、国王を追放しました。エジプトは エジプト共和国 となり、国王のいない共和政が始まりました。

lecturer_avatar

1956年、自由将校団の中心人物だった ナセル が大統領に就任しました。彼は 非同盟主義 を唱え、アメリカにもソ連にもくっつかない、という外交方針を示しました。

「エジプト革命」見出し+テキスト+イラスト

英米がダム建設資金の融資を撤回!

lecturer_avatar

ナセルは近代化改革の一環として、ナイル川上流に アスワン=ハイダム というダムを建設しようとしました。ダム建設には巨額の費用がかかるため、ナセルはアメリカ・イギリス・ソ連から資金援助をしてもらう予定でした。

lecturer_avatar

ところが、非同盟主義を掲げるエジプトと、アメリカ・イギリスとの関係が悪化したことで、なんと アメリカ・イギリスが融資を白紙撤回 したのです。

lecturer_avatar

そこでナセルは、資金調達のため スエズ運河の国有化 を宣言しました。

スエズ運河国有化!第2次中東戦争勃発

lecturer_avatar

スエズ運河の国有化に対しイギリスは猛反発。フランス・イスラエルと共同で、1956年にエジプトへ侵攻しました。これを スエズ戦争(第2次中東戦争) といいます。

lecturer_avatar

エジプトは苦戦しましたが、国連の仲裁や国際世論の後押しもあり、最終的にイギリス・フランス・イスラエルは撤退。ナセルは最後まで戦い抜き、スエズ運河の国有化に成功したのです。

「ナセル大統領」見出し+テキスト

lecturer_avatar

こうしてナセルはエジプト国内のみならず、アラブ世界の英雄となりました。エジプトの勝利は アラブ民族主義の高揚 につながったのです。

Shinzato

この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

春キャンペーン2019
エジプトで高まるアラブ民族主義!
3
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019

この授業のポイント・問題を確認しよう

第三勢力の台頭と米ソの歩み寄り

春キャンペーン2019
春キャンペーン2019

高校世界史B