高校世界史B
高校世界史B
5分で解ける!アメリカ世界の成立(第2問)に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!アメリカ世界の成立(第2問)に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

問題
一緒に解いてみよう

アメリカ世界の成立/確認テスト(第2問)

高校世界史 アメリカ世界の成立5 確認テスト(後半)問2

解説
これでわかる!

問題の解説授業

問題(1)

問題2(1)

lecturer_avatar

フランスに対して、独立戦争における アメリカ支援をよびかけた駐仏大使 といえば?
正解は フランクリン です。

lecturer_avatar

フランクリンの呼びかけに対し、フランスや他のヨーロッパ諸国は最初は参戦をためらっていました。しかし1777年の サラトガの戦い植民地軍がイギリス軍に勝利を収めた ことをきっかけに、 フランス・スペイン・オランダ が次々にアメリカ側について参戦することになりました。

(1)の答え
問題2(1)答え入り

問題(2)

問題2(2)

lecturer_avatar

アメリカ独立戦争の交戦国に 支援を行わない ことを宣言した、ロシアの エカチェリーナ2世 を中心に結成された同盟といえば?
正解は 武装中立同盟 です。

lecturer_avatar

武装中立同盟は、独立戦争において アメリカ側にもイギリス側にも味方をしない 、という立場を取りました。確かに「中立」という立場でしたが、これは実質的にはアメリカへのサポートだったのです。アメリカ側にはすでに フランス・スペイン・オランダ が味方についていましたが、イギリス側の味方はいなくなってしまったわけです。イギリスは国際的に孤立し、戦局はアメリカ側に有利になっていきました。

(2)の答え
問題2(2)答え入り

問題(3)

問題2(3)

lecturer_avatar

アメリカ独立戦争に参加した 義勇兵 のうち、 フランス出身 の人物といえば?
正解は ラファイエット(ラ=ファイエット) です。

lecturer_avatar

他に有名な義勇兵として コシューシコ がいますが、彼は ポーランド 出身です。 ラファイエットはフランス、コシューシコはポーランド。 問題によっては、このように人物の出身国を聞いてくる場合もあります。少し大変ですが、名前だけではなく出身国まで合わせて覚えておきましょう。そうすればテストでも怖いものなしです!

(3)の答え
問題2(3)答え入り

問題(4)

問題2(4)

lecturer_avatar

アメリカ合衆国の初代大統領 といえば?
正解は ワシントン です。
彼は、アメリカ独立戦争の際には 植民地軍総司令官 に任命された人物です。その功績を評価されて、1789年にアメリカ合衆国の初代大統領に就任しました。

(4)の答え
問題2(4)答え入り

問題(5)

問題2(5)

lecturer_avatar

フランスの啓蒙思想家 モンテスキュー が提唱した、 行政権・立法権・司法権 が1つの機関に集中するのを避け、それぞれの権力を別々の機関にゆだねるべきだとする考え方といえば?
正解は 三権分立 です。

lecturer_avatar

行政権・立法権・司法権 の3つを分散させることで、独裁政治を防ごうというのが三権分立の考え方です。アメリカ合衆国では、この3つをそれぞれ大統領・議会・裁判所が担っています。

(5)の答え
問題2(5)答え入り
アメリカ世界の成立(第2問)
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      高校世界史Bの問題

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      アメリカ世界の成立

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B