高校世界史B
高校世界史B
5分で解ける!イラン世界の動きに関する問題

0
Movie size

5分で解ける!イラン世界の動きに関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

下のカッコ内に入る語句を答えよう

高校世界史 イスラーム世界の繁栄1 練習 括弧空欄

解説
これでわかる!

練習の解説授業

lecturer_avatar

今回はイラン世界の繁栄についての学習でした。
内容をおさらいしていきましょう。

ティムールの野望!

lecturer_avatar

まず、ティムール朝の繁栄について確認しましょう。
西チャガタイ=ハン国から自立したティムール朝の都は サマルカンド でしたね。

lecturer_avatar

ティムールは モンゴル帝国の商業ネットワークを再現しよう と考え、積極的な対外遠征をしかけました。1402年には アンカラの戦い に勝利し、オスマン皇帝を捕縛しました。敗れたオスマン帝国は一時的にですが滅亡に追い込まれたのです。

ティムール死後の世界

lecturer_avatar

続いて、ティムール死後の帝国の様子を確認しましょう。

lecturer_avatar

ティムールの病死に伴い対外遠征は下火になりましたが、代わって 文化の振興 が見られました。皇帝 ウルグ=ベク の保護を受けて、文学・天文学などの諸学問や、細密画(ミニアチュール)の技法などが発展しました。

lecturer_avatar

しかしティムール朝の衰退はとまらず、 異民族の侵入 によって1507年に滅亡してしまいました。その異民族の名前は遊牧 ウズベク でしたね。

イラン世界の繁栄

lecturer_avatar

最後に、サファヴィー朝の繁栄について確認します。

lecturer_avatar

ティムール朝衰退後のイラン世界に繁栄したのが サファヴィー朝 でした。サファヴィー朝は アッバース1世 のもとで最盛期を迎えることになります。彼が遷都した イスファハーン は東西交易の中継地点として栄え、「世界の半分」と称えられるほどの発展を見せました。

答え
高校世界史 イスラーム世界の繁栄1 練習
イラン世界の動き
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      イスラーム世界の繁栄

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B