高校世界史B
高校世界史B
5分でわかる!ティムール朝の野望!

2
Movie size

5分でわかる!ティムール朝の野望!

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

ティムールの野望!

高校世界史 イスラーム世界の繁栄1 ポ1 答え全部

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

イスラーム世界の繁栄、第1回。
今回は「イラン世界の動き」に注目します。

lecturer_avatar

ポイントの1つ目は「ティムール朝の領土拡大」です。
モンゴル帝国が衰退した後のイラン世界では ティムール朝 という王朝が繁栄しました。建国者の名前は ティムール です。彼はいったいどんな人物だったのでしょうか?

モンゴル出身のティムールは、ある「野望」を抱いていた!

lecturer_avatar

第14章「東アジア世界の展開」の5回目の授業で モンゴル人が各地に建国した国家 を紹介しました。その中の一つに チャガタイ=ハン国 があります。

lecturer_avatar

チャガタイ=ハン国は 14世紀に東西に分裂しました。 ティムールは、分裂した 西チャガタイ=ハン国 から自立して、自身の王朝であるティムール朝を創始したのです。彼は中央アジアの中心都市 サマルカンド に都を置きました。

ポ1のテキスト冒頭4行/・ティムール~中心都市)まで/見出し・写真・地図不要

lecturer_avatar

ティムールはある 野望 を抱いていました。それは モンゴル帝国のような陸・海の広大な商業ネットワークを再現することでした。 その野望を達成するため、彼は 積極的に対外遠征を行ったのです。

次々に領土を拡大!

lecturer_avatar

ティムールは イル=ハン国 の領土を征服しイラン・イラクを支配します。さらに キプチャク=ハン国 を攻撃し、南ロシアにも領土を広げます。

lecturer_avatar

その後 トゥグルク朝 を征服し西北インドを支配します。1402年には アンカラの戦いオスマン皇帝を捕縛しました。

image02の続き5行/・イル=ハン国の~皇帝を捕縛、まで

lecturer_avatar

このように、ティムールの遠征は連戦連勝でした。いったいどこまで領土を拡大したのか、地図で確認しましょう。

ポイント1の地図のみ/書き込みアリ

lecturer_avatar

小さく〇で囲われているのが以前の領土、より広い範囲で囲われているのが拡大後の領土です。ティムールは、中国とヨーロッパを結ぶ 草原の道 と、中国と西アジアを結ぶ シルクロード の双方について、ヨーロッパ方面への出口を確保したのです。

lecturer_avatar

その後ティムールは東側への交易ルートを確保すべく 中国への遠征 を計画します。しかし、彼は計画途中で病死してしまいました。

lecturer_avatar

以上のように、モンゴル帝国の東西交易ネットワークを再現するというティムールの野望は志半ばで途絶えてしまいました。次のポイントでは ティムール死後の世界 について学習します。

Shinzato
この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

ティムール朝の野望!
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      イスラーム世界の繁栄

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B