高校世界史B
高校世界史B
5分で解ける!チベット・雲南地方に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!チベット・雲南地方に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

下のカッコ内に入る語句を答えよう

高校世界史 中国周辺地域史2 練習 括弧空欄

解説
これでわかる!

練習の解説授業

lecturer_avatar

今回はチベット・雲南地方についての学習でした。
内容をおさらいしていきましょう。

中国?インド?どっちの影響が強い?

lecturer_avatar

まず、チベットの歴史について確認していきましょう。

lecturer_avatar

7~9世紀、チベットには 吐蕃 という王朝が栄えました。建国者は ソンツェン=ガンポ です。都はラサに置かれ、インド・中国の仏教文化を導入して チベット文字 が作られました。そして、7世紀になると大乗仏教と民間宗教が融合して チベット仏教 が誕生しました。

lecturer_avatar

13世紀には、チベット仏教の高僧 パスパ が元のフビライに仕えました。彼は皇帝に重用され、チベット仏教は手厚く保護されることになります。チベット仏教が次第に堕落していく中、 ツォンカパ という人物が 戒律と修行を重んじた改革を行いました。 彼が創始したチベット仏教の一派を 黄帽派 といいます。

lecturer_avatar

チベット仏教の指導者を ダライ=ラマ といいます。17世紀ごろには、ダライ=ラマのための宮殿として ポタラ宮殿 が建設されました。

雲南地方ってどんな地域?

lecturer_avatar

続いて、雲南地方の歴史について確認していきましょう。

lecturer_avatar

ポイント2で、雲南地方に成立した2つの国を紹介しました。1つ目は 南詔 で、中国・チベット・インドの要素を融合した文化が開花しました。2つ目は 大理 で、モンゴル帝国(元)のフビライ=ハンによって滅ぼされました。

答え
高校世界史 中国周辺地域史2 練習
Shinzato
この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

チベット・雲南地方
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      高校世界史Bの問題

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      中国周辺地域史

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B