高校世界史B
高校世界史B
5分で解ける!封建社会の成立に関する問題

2
Movie size

5分で解ける!封建社会の成立に関する問題

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

下のカッコ内に入る語句を答えよう

高校世界史 中世ヨーロッパ世界の成立4 練習 括弧空欄

解説
これでわかる!

練習の解説授業

lecturer_avatar

今回は封建社会の成立についての学習でした。
内容をおさらいしていきましょう。

自らを守るための工夫

lecturer_avatar

フランク王国の分裂ノルマン人の侵入 によって社会不安が高まった中世ヨーロッパにおいて、 自らの土地や財産を守るための工夫 として生まれたのが、 封建制度 でした。ローマの 恩貸地制度 と古ゲルマンの 従士制 が融合して成立した、 総務的契約 を伴う主従関係でしたね。

lecturer_avatar

封建制度に組み込まれたのは、 国王・諸侯・騎士 の3つの階層です。 諸侯 とは、各地で広大な支配領域と家臣を持つ有力者のこと。諸侯の中から 代表者 として国王が選出されました。

西ヨーロッパは閉ざされた世界?

lecturer_avatar

続いて「荘園」の様子について確認します。
そもそも 荘園 とは、封建制度のもとで登場する 領主の所有地 のことでした。荘園の土地には、領主が直接経営した 領主直営地 と、領主が農民に保有させた(貸し与えた) 農民保有地 の2種類がありました。荘園における領主の力は大変強く、国王の課税権・裁判権を拒否できる 不輸不入権 (インムニテート)や、領内での 領主裁判権 が認められていました。

lecturer_avatar

続いて 荘園における農民の生活 についても確認しましょう。
荘園では、領主に奴属する 農奴 が労働の担い手でしたね。さらに、農奴には様々な義務が課されていました。例えば、領主直営地を無償で耕作する 賦役 、収穫物の一部を領主に納入する 貢納 、教会に対して納入する 十分の一 税などです。さらには 結婚税死亡税 といった税金も存在し、農奴はあらゆる場面で領主に搾取され、それぞれの荘園にしばりつけられていたのです。

答え
高校世界史 中世ヨーロッパ世界の成立4 練習
Shinzato
この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

封建社会の成立
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      中世ヨーロッパ世界の成立

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B