高校世界史B
高校世界史B
5分で解ける!ゲルマン人の大移動に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!ゲルマン人の大移動に関する問題

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

下のカッコ内に入る語句を答えよう

高校世界史 中世ヨーロッパ世界の成立1 練習 括弧空欄

解説
これでわかる!

練習の解説授業

lecturer_avatar

今回はゲルマン人の大移動についての学習でした。
内容をおさらいしていきましょう。

ゲルマン人の生活

lecturer_avatar

まず、大移動を始める前のゲルマン人社会の様子について確認します。
ゲルマン人は、先住の ケルト人 を圧迫しながら、ヨーロッパの大陸部を中心に勢力を拡大しました。古ゲルマン社会には王が存在しましたが、物事を決定する役割は 民会 という最高議決機関が担っていました。また、社会の基本的構造として 従士制 という制度が存在していました。空欄には 従士制 が入ります。

西ローマ帝国の命運

lecturer_avatar

続いて、4~6世紀の約200年間に行われた ゲルマン人の大移動 について確認します。
ゲルマン人の大移動が始まる背景に、ある民族の侵入がありましたね。そう、アジア方面から侵入してきた フン 人によって、ゲルマン社会が圧迫されたのです。彼らはたまらず大移動を開始しました。

lecturer_avatar

375年、最初に大移動を始めたのは、ゲルマン人の中でも 西ゴート人 でした。彼らは保護を求めて西ローマ帝国領内に流入していったのです。そして451年には カタラウヌムの戦い が発生し、西ローマ・ゲルマン連合軍と、 アッティラ王 に率いられたフン人が激突します。この戦いには西ローマ・ゲルマン連合軍が勝利し、フン人の侵入は食い止められました。

lecturer_avatar

しかし、ゲルマン人の西ローマ帝国流入は止まりません。ついには476年、ゲルマン人傭兵隊長の オドアケル によって 西ローマ帝国は滅亡してしまうのでした。

ゲルマン人国家の乱立

lecturer_avatar

最後に、旧西ローマ帝国領内に相次いで建国されたゲルマン人国家について確認します。
テオドリック大王 によってイタリア半島に建国された国は?そう、 東ゴート王国 でしたね。 ガリア (現在のフランス)東南部には ブルグント王国 が、大ブリテン島には アングロ=サクソン七王国 (ヘプターキー)が建国されました。建国者や建国された場所と、国の名前とをセットで覚えておきましょう。

答え
高校世界史 中世ヨーロッパ世界の成立1 練習
ゲルマン人の大移動
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      中世ヨーロッパ世界の成立

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B