高校世界史B

高校世界史B
5分で解ける!古代オリエント(第2問)に関する問題

3
Movie size

5分で解ける!古代オリエント(第2問)に関する問題

3
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
古代オリエントの確認テスト(第2問)

高校世界史 古代オリエント8 確認テスト(後半)問題2のみ答え無し

解説

これでわかる!
問題の解説授業

問題(1)

高校世界史 古代オリエント8 確認テスト(後半)問題2(1)問題文のみ答え無し

lecturer_avatar

まずは問題文を注意して読みましょう。
メソポタミアで発達した文化に 含まれないもの です。

lecturer_avatar

③「 死者の書 」は死者を埋葬するときに副葬された書物です。
死者の魂が復活できるかどうか、冥界の神 オシリス が判断するために副葬されたのでしたね。
オシリスは エジプトで信仰されていた神 なので、 「死者の書」はエジプトの文化 だと判断できます。
よって答えは です。

lecturer_avatar

メソポタミアで発達した 太陰暦六十進法 に対して、
エジプトでは 太陽暦十進法 が発明されました。
混同しないように注意しましょう。

(1)の答え
高校世界史 古代オリエント8 確認テスト(後半)問題2(1)答えあり

問題(2)

高校世界史 古代オリエント8 確認テスト(後半)問題2(2)問題文のみ答え無し

lecturer_avatar

神聖文字を解読する際に手がかりとなった石碑といえば?
正解は ロゼッタ=ストーン です。
解読に成功したのは、フランスの シャンポリオン という人物です。
合わせて覚えておきましょう。

(2)の答え
高校世界史 古代オリエント8 確認テスト(後半)問題2(2)答えあり

問題(3)

高校世界史 古代オリエント8 確認テスト(後半)問題2(3)問題文のみ答え無し

lecturer_avatar

問題文に大ヒントが書いてあります。
「唯一神 アトン の信仰を強制」、「 テル=エル=アマルナ へ遷都」。
答えは アメンホテプ4世(イクナートン) です。

lecturer_avatar

注意してほしいのが 神様の名前 です。
アメンホテプ4世は アモン神 の神官の政治介入を阻止するため、
都を変えて名前も変え、国民に アトン神 の信仰を強制しました。
アトン神とアモン神、名前が似ているので気をつけてください。

(3)の答え
高校世界史 古代オリエント8 確認テスト(後半)問題2(3)答えあり

問題(4)

高校世界史 古代オリエント8 確認テスト(後半)問題2(4)問題文のみ答え無し

lecturer_avatar

ヘブライ王国 第2代の王」が最大のヒントです。
「パレスチナ統一」「イェルサレムを都とした」という記述からも答えが分かりますね。
正解は ダヴィデ です。

lecturer_avatar

ダヴィデの子どもが、ヘブライ王国第3代国王 ソロモン です。
ソロモンの死後、ヘブライ王国は 北のイスラエル王国と南のユダ王国に分裂しました。

(4)の答え
高校世界史 古代オリエント8 確認テスト(後半)問題2(4)答えあり

問題(5)

高校世界史 古代オリエント8 確認テスト(後半)問題2(5)問題文のみ答え無し

lecturer_avatar

選択肢① アルサケス は、中国表記では 安息 といいます。
安息とは、人名であると同時に パルティア のこともさします。
パルティアはササン朝ペルシアよりも先に成立した国家 なので、正解は となります。

lecturer_avatar

②、③、④はすべてササン朝ペルシアの王です。
アルダシール1世 はササン朝ペルシアを建国しました。
シャープール1世ホスロー1世 は、東西の対外勢力と抗争を繰り広げました。
それぞれの王の事績もしっかり復習しておきましょう。

(5)の答え
高校世界史 古代オリエント8 確認テスト(後半)問題2(5)答えあり
春キャンペーン2019
古代オリエント(第2問)
3
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019

高校世界史Bの問題

この授業のポイント・問題を確認しよう

古代オリエント

Logo black
Register description

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      春キャンペーン2019春キャンペーン2019

      高校世界史B