高校生物基礎

高校生物基礎
5分で解ける!血球:血小板の働き(血液凝固)に関する問題

39

5分で解ける!血球:血小板の働き(血液凝固)に関する問題

39
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 生物基礎 体内環境の維持5 練習 カッコ空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業

「フィブリン+血球」で血液が凝固

高校 生物基礎 体内環境の維持5 練習(1)

lecturer_avatar

組織が怪我をすると、その組織液が血液と混ざり合って、 プロトロンビントロンビン になり、 フィブリノーゲン がトロンビンによって フィブリン になり、血球と混ざり合って、 血ぺい ができてやっと血が止まるんでしたね。

高校 生物基礎 体内環境の維持5 練習(2)

lecturer_avatar

血球とフィブリンが絡み合うことによって血ぺいができることを、 血液凝固 と呼びましたね。

高校 生物基礎 体内環境の維持5 練習(3)

lecturer_avatar

血液凝固阻害する方法は3つありましたね。その1つとして、トロンビンの効果を抑える効果を持ち、肝臓で作られている ヘパリン という物質がありました。

答え
高校 生物基礎 体内環境の維持5 練習答え
オンラインLIVE夏期講習
血球:血小板の働き(血液凝固)
39
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習

この授業のポイント・問題を確認しよう

体内環境の維持

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      体液とその働き

      オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

      高校生物基礎