高校生物基礎
高校生物基礎
5分で解ける!遺伝子(テスト1、第2問)に関する問題

4
Movie size

5分で解ける!遺伝子(テスト1、第2問)に関する問題

4

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

問題
一緒に解いてみよう

高校 生物基礎 遺伝子12 演習2 答えなし

解説
これでわかる!

問題の解説授業

lecturer_avatar

演習2は、表中の値を求める問題です。

「A:T=G:C=1:1」のシャルガフの規則

高校 生物基礎 遺伝子9 演習2 表のみ

lecturer_avatar

DNAの塩基には、アデニン(A)・チミン(T)・グアニン(G)・シトシン(C)という4種類がありましたね。これらはシャルガフの実験によって、アデニンとチミン、グアニンとシトシンはそれぞれ同じ割合が含まれているということがわかりました。「A:T=G:C=1:1」となる規則を シャルガフの規則 と言いましたね。

lecturer_avatar

まずは、表のヒトの塩基について見てみましょう。シトシンが30%であることから、シトシンと同じ割合である グアニンも30%である ことがわかります。そして、シトシンとグアニンを合わせると全体の60%を占めることから、残り40%がアデニンとチミンであることがわかります。よって、 アデニンとチミンはそれぞれ20% となります。

lecturer_avatar

結核菌も同様に考えると、グアニンが15%であることから、グアニンと同じ割合である シトシンも15%である ことがわかります。そして、グアニンとシトシンを合わせると全体の30%を占めることから、残り70%がアデニンとチミンであることがわかります。よって、 アデニンとチミンはそれぞれ35% となります。

答え
高校 生物基礎 遺伝子9 ポイント2 答え全部
遺伝子(テスト1、第2問)
4
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。