高校化学

高校化学
5分で解ける!混合気体に関する問題

9
Movie size

5分で解ける!混合気体に関する問題

9

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校化学 物質の状態と平衡15 練習 答えなし

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

練習問題を解いていきましょう。

ドルトンの分圧の法則は、P=PA+PB

高校化学 物質の状態と平衡15 練習 答えなし

lecturer_avatar

この問題は、混合気体の全圧を求める問題ですね。
全圧と分圧という言葉が出てきたら、ドルトンの分圧の法則を思い出しましょう。
  P=PA+PB
分圧の合計が全圧になる ということですね。
それでは、実際に分圧を求めていきましょう。

「温度一定」ならば、ボイルの法則

高校化学 物質の状態と平衡15 練習 答えなし

lecturer_avatar

まずは、 酸素の分圧PO2 を求めます。
酸素については、混合前の圧力と体積がわかっています。
圧力は2.0×105Pa、体積は2.0Lですね。
この気体が混合されて、体積が20.0Lになっています。
温度が一定で、圧力が変えられているということですね。

lecturer_avatar

この場合に使う法則はわかりますか?
「温度一定」といえば、 ボイルの法則 でしたよね。
  P1V1=P2V2
ここに今回の数値を入れましょう。
 2.0×105×2.0=PO2×20.0
  PO2=0.2×105

lecturer_avatar

同じように、 窒素の分圧PN2 を求めましょう。
 4.0×105×10.0=PN2×20.0
  PN2=2.0×105

ドルトンの分圧の法則は、P=PA+PB

高校化学 物質の状態と平衡15 練習 答えなし

lecturer_avatar

これで、分圧を求めることができました。
最後に、 ドルトンの分圧の法則 を使って、 全圧P を求めましょう。
 P=PO2+PN2
  =0.2×105+2.0×105
  =2.2×105
よって、答えは、 2.2×105Pa となります。

高校化学 物質の状態と平衡15 練習 答えあり
混合気体
9
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      物質の状態と平衡

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          気体の性質

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校化学