高校化学
高校化学
5分で解ける!ボイル・シャルルの法則に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!ボイル・シャルルの法則に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

高校化学 物質の状態と平衡11 練習 答えなし

解説
これでわかる!

練習の解説授業

lecturer_avatar

練習問題を解いていきましょう。

温度・圧力・体積が変化するときはボイル・シャルルの法則

高校化学 物質の状態と平衡11 練習 答えなし

lecturer_avatar

まず、問題を確認しましょう。
ある状態の気体について、 温度・体積を変えました。
このとき、圧力は何Paになるか答える問題です。

lecturer_avatar

温度・圧力・体積のすべてが変化しているため、ボイルの法則やシャルルの法則は使えません。
そこで、 ボイル・シャルルの法則 の出番です。

ボイル・シャルルの法則は、P1V1/T1=P2V2/T2

lecturer_avatar

  P1V1/T1=P2V2/T2

高校化学 物質の状態と平衡11 練習 答えなし

lecturer_avatar

それでは、問題文の情報を整理しましょう。
 P1=1.0×105Pa
 V1=1.8L
 T1=27+273=300K
 P2=P Pa
 V2=3.0L
 T2=77+273=350K
℃をKに直すのがポイントです。
忘れないように注意しましょう。

lecturer_avatar

最後は、数値を式に代入します。
 1.0×105×1.8/300=P×3.0/350
 P=7.0×104
よって、答えは、 7.0×104Pa となります。

高校化学 物質の状態と平衡11 練習 答えあり
lecturer_avatar

ボイルの法則・シャルルの法則はとても大事ですが、 計算問題で一番使いやすいのはボイル・シャルルの法則 です。
きちんと使い方を押さえておきましょう。

Igarashi
この授業の先生

五十嵐 健悟 先生

「目に見えない原子や分子をいかにリアルに想像してもらうか」にこだわり、身近な事例の写真や例え話を用いて授業を展開。テストによく出るポイントと覚え方のコツを丁寧におさえていく。

ボイル・シャルルの法則
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      物質の状態と平衡

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          気体の性質

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校化学