高校化学

高校化学
5分でわかる!ドルトンの分圧の法則

15
Movie size

5分でわかる!ドルトンの分圧の法則

15
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の要点まとめ

ポイント

ドルトンの分圧の法則

高校化学 物質の状態と平衡15 ポイント1 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回のテーマは、「ドルトンの分圧の法則」です。

lecturer_avatar

皆さんは、気体の圧力・体積・温度などの関係について学習してきましたね。
それは、1種類の気体の変化を表したものでした。

lecturer_avatar

それでは、 2種類の気体が混ざり合った場合 には、どのようになるのでしょうか?
詳しく見ていきましょう。

ドルトンの分圧の法則は、P=PA+PB

lecturer_avatar

気体Aが入った容器と気体Bが入った容器を用意します。
気体Aと気体Bを混ぜ合わせると、次の図のようになります。

高校化学 物質の状態と平衡15 ポイント1 図のみ

lecturer_avatar

さて、この場合、圧力がどのようになるかが問題です。
それぞれの情報を文字で表しましょう。

lecturer_avatar

まずは、 気体A です。
圧力をPA、物質量をnAとしましょう。
気体の状態方程式は、次のようになります。
  PAV=nART

lecturer_avatar

同じように、 気体B を表しましょう。
圧力をPB、物質量をnBとしましょう。
  PBV=nBRT

lecturer_avatar

最後に、混合気体の圧力Pを求めます。
物質量は、nAとnBを足し合わせたものなので、nA+nBとなります。
  PV=(nA+nB)RT

lecturer_avatar

さて、これで準備が整いました。

lecturer_avatar

  PAV=nART
  PBV=nBRT
  PV=(nA+nB)RT

lecturer_avatar

1つ目・2つ目の式の右辺を足すと、3つ目の式の右辺になります。
ということは、左辺も同じですね。
PとPA、PBの関係は、次のようになっています。
  P=PA+PB

高校化学 物質の状態と平衡15 ポイント1 図のみ

lecturer_avatar

気体Aには分銅1つ分、気体Bには分銅2つ分の圧力がかかっています。
この2つを混合すると、1+2=3つ分の圧力がかかるというわけです。
この法則を、 「ドルトンの分圧の法則」 といいます。

高校化学 物質の状態と平衡15 ポイント1 答え全部

混合する前の圧力は分圧、混合した後の圧力は全圧

lecturer_avatar

ちなみに、このときのPを、 全圧 といいます。
全体の圧力というようなイメージですね。

lecturer_avatar

それに対して、PAとPBを、 分圧 といいます。
分けたときの圧力というようなイメージですね。

高校化学 物質の状態と平衡15 ポイント1 答え全部

lecturer_avatar

「全圧P=分圧PA+分圧PB という関係を押さえておきましょう。

Igarashi

この授業の先生

五十嵐 健悟 先生

「目に見えない原子や分子をいかにリアルに想像してもらうか」にこだわり、身近な事例の写真や例え話を用いて授業を展開。テストによく出るポイントと覚え方のコツを丁寧におさえていく。

春キャンペーン2019
ドルトンの分圧の法則
15
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019