高校物理

高校物理
5分で解ける!導体棒の起電力、ローレンツ力による証明に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!導体棒の起電力、ローレンツ力による証明に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校物理 電磁気64 練習 全部

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

磁場を導体棒が垂直に横切る問題です。この導体棒に起電力が生じることを、先ほどのポイントの授業で確認しましたね。この問題では、 起電力V=vBℓ となることを証明していきます。

磁場と電流の方向に注意して、右ねじの法則を使う

高校物理 電磁気64 練習 問題文

高校物理 電磁気64 練習 (1)問題文

lecturer_avatar

ローレンツ力の向きは、 右ねじの法則 で求めることができます。右手の4本指を電流の向きから磁場の向きへと回したとき、親指の方向がローレンツ力の向きとなります。

lecturer_avatar

では、問題文で与えられた情報を図に書き込み、電流と磁場の向きを確認しましょう。

高校物理 電磁気64 練習 図 赤字の書き込みのうち、Iとその矢印、vとその矢印のみ入れる

lecturer_avatar

磁場 は、図の記号から 裏から表の方向 だとわかります。また、導体棒は右向きに動いているので、自由電子の移動方向も右向きです。このとき、 電流 は自由電子の反対の 左向き に流れると考えられます。したがって、右ねじの法則から、ローレンツ力は QからPへ向かう方向 だとわかりますね。

lecturer_avatar

次に、ローレンツ力の大きさfを求めましょう。公式より、
f=qvB
です。自由電子の電気量はq=-eで、速度は磁場vに対して垂直なので、v=vです。qはあくまでも大きさなので、符号を外して値を代入しましょう。

(1)の答え
高校物理 電磁気64 練習 (1) 解答全て

(静電気力)=(ローレンツ力)のつりあいの式を立てる

高校物理 電磁気64 練習 問題文

高校物理 電磁気64 練習 (2) 問題文

lecturer_avatar

自由電子はローレンツ力を受けることによって、導体棒の面Pに移動します。面Pがマイナス、面Qがプラスに帯電することにより、 QからPの向き電場E が発生しますね。

高校物理 電磁気64 練習 図 赤字の書き込みすべてあり

lecturer_avatar

電子が受けるローレンツ力fと、電場Eから受ける静電気力eEがつりあうとき、自由電子の動きが止まり、電場Eの値が一定となります。つまり、 f=eE と立式できますね。この式に(2)の結果を代入して、電場Eの大きさを求めましょう。

(2)の答え
高校物理 電磁気64 練習 (2) 解答全て

(電位差V)=(電場E)×(距離d)

高校物理 電磁気64 練習 問題文

高校物理 電磁気64 練習 (3) 問題文

lecturer_avatar

求めたい起電力とは、 PQ間に生じる電位差 のことです。 電位差+1[C]の電荷が持つ位置エネルギーの差 であり、 +1[C]の電荷を運ぶときの仕事 と等しい値でした。

lecturer_avatar

起電力の大きさをV[V]、低電位となるPを基準の0[V]とすると、Qが高電位のV[V]です。あとは +1[C]の電荷を、QからPまで運ぶときの仕事 を求めればよいのです。

高校物理 電磁気64 練習 図 赤字の書き込みすべてあり

lecturer_avatar

(仕事)=(力)×(距離) でしたね。静電気力Eに逆らって、導体棒の長さℓだけ、+1[C]の電荷を運ぶときの仕事は、 1×E×ℓ なので、
V=Eℓ
ここに(2)の結果 E=vBを代入 すると、 導体棒の起電力V=vBℓ となることを証明できます。

(3)の答え
高校物理 電磁気64 練習 (3) 解答全て
導体棒の起電力、ローレンツ力による証明
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。