高校物理

高校物理
5分で解ける!クーロンの法則に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!クーロンの法則に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校物理 電磁気2 練習1 全部

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

2つの電荷にはたらく静電気力(クーロン力)を求める問題です。電気量の単位に[μC]とありますが、[C]の前についている μ とは マイクロ と読み、 10−6 を表したものです。

距離の2乗に反比例、電気量の積に比例

lecturer_avatar

2つの電荷にはたらくクーロン力を求めていきましょう。電荷はプラスとマイナスなのでお互いに引きあう 引力 がはたらきます。−3.0[μC]の電荷にはたらく力をFとすれば、反作用の力Fが2.0[μC]の電荷にもはたらきますね。

高校物理 電磁気2 練習1 図 赤字の書き込みあり

lecturer_avatar

クーロン力Fは、 距離の2乗に反比例、電気量の積に比例 でした。距離r=3.0[m]、Q=+2.0[μC]、q=-3.0[μC]であり、比例定数はk=9.0×109[Nm2/C2]と与えられていますね。1[μC]は10−6[C]であることにも注意しましょう。

答え
高校物理 電磁気2 練習1 解答すべて
クーロンの法則
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。