Movie size

5分でわかる!分裂

3

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

運動量保存の法則(分裂)

高校物理 運動と力63 ポイント1 全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回は物質が 分裂するときの運動量保存の法則 について解説します。

静止状態から分裂⇒運動量0が保存される

lecturer_avatar

下の図は、物体がドーンと爆発して2つに分かれた様子を表しています。

高校物理 運動と力63 ポイント1 図

lecturer_avatar

まさに 分裂 ですね。はたらいた力は物体を分裂させた内力のみなので、分裂前後で外力ははたらいていません。したがって、この物体系では運動量が保存されます。

lecturer_avatar

この物体について、分裂後の物体をA,Bとし、それぞれの質量をmとM、速度をそれぞれベクトルv、ベクトルVとして分裂前後の運動量の和を考えてみましょう。

lecturer_avatar

はじめ、物体は静止していたので速度は0[m/s]ですね。つまり、 分裂前の運動量は0 となります。衝突後も運動量が保存されるということは、
mベクトルv + MベクトルV = 0
ということがいえますね。

分裂後の2物体の速度の方向は逆

lecturer_avatar

mベクトルv + MベクトルV = 0
という式から、分裂した2物体の速度に注目しましょう。運動量の合計が0になることから、 ベクトルvとベクトルVが逆向き だということがわかります。 静止の状態から2物体に分裂すると、物体は逆向きに進む ということをしっかり頭に入れておいてください。

高校物理 運動と力63 ポイント1 クマさんのまとめ 空欄埋める

Suzuki

この授業の先生

鈴木 誠治 先生

知識ゼロからでもわかるようにと、イラストや図をふんだんに使い、難解な物理を徹底的にわかりやすく解きほぐして伝える。

分裂
3
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。