高校物理

高校物理
5分で解ける!作用・反作用の法則に関する問題

5
Movie size

5分で解ける!作用・反作用の法則に関する問題

5

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

運動と力25の練習 全部

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

問題では、物体Aの上に物体Bを置いています。2つの物体にはたらく力を書き込んで整理してから、(1)(2)を解いていきましょう。

物体にはたらく力は「重力」&「接触力」

lecturer_avatar

物体にはたらく力は、 重力接触力 の2種類がありましたね。

lecturer_avatar

まずは 物体A にはたらく力を考えましょう。Aには鉛直下向きに 重力1.0g がはたらきます。接触力としては物体Aは物体Bに接しているので、物体Bが物体Aを押し上げる力、つまり 垂直抗力N がはたらいています。

lecturer_avatar

物体B はどうでしょうか? 重力 は、鉛直下向きに重力4.0gですね。次に 接触力 について。物体Bは「①物体A」「②床」の2つに接しています。「①物体Aが物体Bを押す力」はどうなるでしょうか? 作用・反作用の法則 を使いましょう。物体Aにはたらく垂直抗力Nは、物体Bが物体Aを押す力でした。このとき、作用・反作用の法則から、物体Aは物体Bを同じNの力で押し返しますよね。「②物体Bが床から受ける垂直抗力」はどうでしょうか。これをN'とおくと図のように表せます。

運動と力25の練習 図のみ(赤字入り)

静止⇒力のつりあいの式を立てる

運動と力25の練習 問題文と図(書き込みアリ)と(1)

lecturer_avatar

今、物体Aは静止していますね。つまり 重力mgと垂直抗力Nがつりあっている のです。N=mgのつりあいの式に、m=1.0[kg]、g=9.8[m/s2]を代入すると、Nの値が出てきますね。

(1)の答え
運動と力25の練習 (1)の式と答え

運動と力25の練習 問題文と図(書き込みアリ)と(2)

lecturer_avatar

物体Bも静止しているので、 力のつりあい から式を立てることができます。上向きにはたらく「垂直抗力N'」に対して、下向きにはたらく「重力4.0g」「AがBを押す力N」がつりあっていますね。つまり、N'=4.0g+Nです。g=9.8[m/s2],N=9.8[N]を代入すれば、N'の値を求めることができますね。

(2)の答え
運動と力25の練習 (2)の式と答え
作用・反作用の法則
5
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      高校物理の問題