中1数学

中1数学
5分で解ける!方程式の文章題(速さ)に関する問題

204

5分で解ける!方程式の文章題(速さ)に関する問題

204
学年別フルラインナップキャンペーン学年別フルラインナップキャンペーン

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

中1 数学42 練習

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

「速さ・時間・距離」の文章問題を解いてみよう。
方程式の文章題の基本的な解き方は、2つポイントがあったね。

POINT
中1 数学42 ポイント

「A地点からB地点までの距離をxkm」 とおこう

中1 数学42 練習 マーク無し

lecturer_avatar

文章が長くても、あわてず今まで通りに解いていくよ。
まずは、 「求められているものをxとおく」
求められているものは「A地点からB地点までの距離」だね。
だから、「A地点からB地点までの距離をxkm」 とおこう。

中1 数学42 練習の答え 1行目まで

(行きの時間)+(帰りの時間)=5時間で式を立てる

lecturer_avatar

次に、2つ目のポイント。 「『=』で結べる式を見つける」

lecturer_avatar

今回は、A地点とB地点を往復した、という話だったね。
行きと帰りの合計、つまり、 「行きにかかった時間」「帰りにかかった時間」合わせると、5時間 だったと書いてある。

lecturer_avatar

ここで、気づくことができるかな?
「行きにかかった時間」+「帰りにかかった時間」=5時間  という式がつくれるよね。

中1 数学42 練習の答え 4行目の(行きに~)+(帰りに~)まで

(時間)=(距離)/(速さ)

lecturer_avatar

行きは、A地点とB地点、つまりxkmの距離を、時速6kmで歩いたんだよね。
ここで 「ハジキの法則」 を使おう。
(時間)=(距離)/(速さ)  だから、
(行きにかかった時間)=x/6  と表せるよ。

lecturer_avatar

同じようにして、帰りについて考えると、
帰りは、同じくkmの距離を、時速4kmで歩いたんだから、
(帰りにかかった時間)=x/4  と表せるね。

lecturer_avatar

これを式に表すと、
x/6+x/4=5
方程式が完成したね。

中1 数学42 練習の答え 5行目まで

方程式を解くと、xの値がわかる

lecturer_avatar

あとは、この方程式を解こう。
求めたいxの値がわかるね。

答え
中1 数学42 練習の答え
学年別フルラインナップキャンペーン
方程式の文章題(速さ)
204
友達にシェアしよう!
学年別フルラインナップキャンペーン

この授業のポイント・問題を確認しよう

方程式

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      方程式の利用

      学年別フルラインナップキャンペーン学年別フルラインナップキャンペーン

      中1数学