中学公民

中学公民
5分で解ける!直接請求権に関する問題

3
Movie size

5分で解ける!直接請求権に関する問題

3

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

中学公民26 練習1 かっこ空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

ポイント1で学習した内容を、問題を解いて確認しましょう。

直接民主制の要素を取り入れた、住民の意思を示す権利

lecturer_avatar

まずは最初の空欄です。
地方自治において 住民による直接民主制の要素を取り入れた権利 を何と言いますか?
正解は 直接請求権 です。

必要な署名の数 条例の制定とリコールでは必要な数が違う

lecturer_avatar

直接請求を行う際には 住民の署名 が必要になります。
条例の制定、議会の解散請求、解職請求にはそれぞれ、どのくらいの署名が必要でしたか?
条例の制定には、有権者の 50分の1以上 の署名が必要でしたね。
残りの2つは 3分の1以上 が必要でした。

lecturer_avatar

最後の空欄です。
議会の解散や、首長の解職を求めること を何と言いますか?
正解は リコール です。
住民に認められた重要な権利、しっかり覚えておきましょう。

答え
中学公民26 練習1 答え入り
直接請求権
3
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      地方の政治

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中学公民